外注化物語③~1記事50円の外注化仕組み大公開!金銭的価値から社会的価値への転換

外注化物語③~1記事50円の外注化仕組み大公開!~
この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元システムエンジニア 超社畜of超社畜! 一緒に働いてた、高橋リーダーにパワハラされてたエンジニア時代に「なんで俺は毎日やりたくもないエンジニアをしているんだ」と思い、在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成!当時100万収益達成。(アドセンスのみで) 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたくて、ラーメン二郎がきっと好きだと思う給料18万で頑張っているサラリーマンの方々に「ブログは自分で書いたらキツすぎっす」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化&トレンドブログ&SNS運用。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

どうもみこみこです!

外注化すれば、もちろんのこと、外注費というものがかかってしまいますよね。

この外注費はなるべくは抑えたいものです。

結論から申し上げますと、『アフィリエイト外注化は1記事50円で可能』
です!

しかし、この50円というシステムには、きちんとした根拠があるので、今回はその内容にいいついて、経験談も踏まえてまとめていきたいと思います。

 

みこみこ
みこみこ
最終的には50円のからくりについて納得いただける内容になっており、皆さんにも取り入れていただけるようになっていますのでぜひ最後までお読みいただければと思います

 

 

 

外注費:1記事50円の実現ストーリー・価値の転換

 

前回の外注化②では、500円で外注化した僕が、ぶち当たった壁、、ライターさんがすぐ辞めてしまった経験談についてお話しさせていただきました。

そんな壁にぶち当たった僕ですが、環境が大事ということに視点を移したことで、どうにかライターさんが続けてくれるようにはなったのですが、問題は次々起こるもので、外注費の問題に悩まされました。

当時500円で外注化していたのですが、この外注費が意外にかかってしまい、きつかったのです。

単純計算ですが、月に100記事書いてもらった場合、最低でも5万円の外注費が掛かかってしまうわけです

僕は、一文字3円程で雇っていたこともあるので、その時は、10万くらいかかてしまっていました。

もちろんのことながら、それは社畜の私にはマジでしんどかったのです。

僕はまだ独身貴族ライフを過ごしていたのでよかったのですが、、、

 

みこみこ
みこみこ
ご家庭を持っていたり、お子さんがいる場合、月5万程かかってしまえば、ブーイング食らってしまう結末ですよね。

 

そこで、「この外注費をどうにかして、最小限に抑える方法はないのか」と思ったわけです。

また外注費がかかってしまっただけではなく、次のような問題点も、、

問題点

外注さんが全然育たなかった

外注費がかかるあげくに、ライターさんが育たなかったのです。

ライターさんが育たないのは、時間がかかることなので、仕方ないのですが、
収入が見込めないのに、外注費だけかかってしまっては割に合わないですよね。

例えると、パンを作って材料費は1000円かかるのに、そのパンを200円で売っては、
お店は時期に潰れてしまいますよね。

まさにそんな状況だったので僕はそこで、
『お金でや雇うのはやめた方がいいな、、』と思いました。

500円でや一文字3円といったやり方ではなく、
『一記事50円で雇う』といったやり方に変えようと考えました。

とは言え、なぜ1記事500円の外注費から、50円が可能になったのかと言いますと、

結論この変換には『人間の価値観』が関係してしています。

 

人間の価値といってもピンっとこないと思いますので説明していきます。

 

人間の価値観

心理的な話になりますが、人間は何かをしようとするときに、そこに価値を感じるようになっています。

 

例えば、物を買うにしても、安さで選ぶか、品質で選ぶをか考えますよね。
安さという価値か、品質という価値か、その物に何かしらの価値を感じて買うわけです。

そういった意味で、ライターさんによっても様々な目的があり、
そこには必ず価値が存在すると思っています。

 

ライターさんの目的
  • 稼ぎたい
  • スキルを磨きたい
  • 書き方を学びたい

 

みこみこ
みこみこ
このように、目的が違ってくれば、価値もかわってくるのは当たり前ですね!

また人間には、価値を感じる2種類があると言われています。

 

金銭的価値と社会的価値とは

 

価値のお話をさせてただいきましたが、より詳しくお話しさせていただくと、
人間には、2種類の価値があると言われています。

 

人間の2種類の価値
  • 金銭的価値
  • 社会的価値

この2つです。

 

まず金銭的価値とは、意欲的な買い手に売られた時に、商品やサービス等が公開市場にもたらす価値を表しています。

???ですね。

簡単にいうとお金がもたらす価値です。

何かをするとき、例えばあなたがアルバイトを探すとしましょう。
その時、希望の職種、分野を選ぶのはもちろんですがそれ以外に、
時給をみて判断する人も多いのはないでしょうか。

 

まさにこれが金銭的価値ということです。
お金に価値を感じて行動していますね。

 

2つ目の社会的価値とは、会社や地域の文脈に依存せずに、広く社会に求められる存在であることを意味します。

またもや???ですね。

簡単にいうと自己満足や承認欲求などですね。

分かりやすく、具体的例をお話しさせていただきます。

ある弁護士さんに「乏しい方に、ボランティアで弁護をお願いできませんか」
と募集をかけたところ、多くの弁護士からの募集があったそうです。

これは、誰かを助ける=自己満足や承認欲求が働いたためのようです。

これを0円でやってもらえませんか?と募集をしたとします。
間違いなく募集は来ないと思います。

災害などで、0円で支援してくださいと言われるより、
ボランティアとして支援してくださいと言われるのでは、
捉え方が全然違ってきますもんね。

0円をボランティアと言いた表現に置き換えることで、
人間の社会的価値が働き、人のために貢献していると自分を誇れる行動として認識できている為と言われています。

 

みこみこ
みこみこ

言葉の使い方でも、ここまで変わってくるのですよね!新たな発見でした!

 

このことに気付かされたので、ライターさんに、金銭的価値を提供するのではなく、
技術を売る、つまり社会的価値を提供しようそう考えたというわけです。

 

1記事50円という社会的価値を売る

 

僕は外注化を始めたときは、以前ご紹介させていただいた、『脱獄』という素晴らしい教材と出会い、「1記事500円です!」といった外注化システムを唱えていて、それを実行してきました。

ですが、冒頭でも話させていただいたように、実際やってみると、
さまざまな問題点があったのです。

 

そこで価値の転換をしようと思ったのですが、そこには過去の体験談が深く関係しています。

みこみこ
みこみこ
では、一記事500円や1文字3円で募集してライターさんを雇っていた時の経験談をお話しさせていただきます。

一記事500円や1文字3円で募集していた時は、
金銭的価値持つ経験者ライターさんの募集が多くありました。

しかし、雇ってみると間もなく次のような問題が起きてしまいました。

問題点

・こちらの指示がなかなか伝わらない

・要望を伝えると、継続せずに辞めてします

まず、経験者ライターさん特有の癖というものでしょうか、、
自己流な書き方にこだわりがありこちらが指示をしても、
なかなか受け入れてもらえず、指示以外の書き方で提出するライターさんが多かったですね。

 

しかし、トレンドブログはある程度書き方や形があって、
本の筆者さんのような技術や才能などは要らない為、
これではいつまで経ってもアクセスが集まらず、結果収入にもつながりません。

 

なので、やはり書き方を変えてもらうほかなかったのですが、
やめられてしまえば、また募集からのスタートでこの繰り返しになってしまうと思いました。

 

経験者でもこのようなデメリットもあるんですね、、
サイト訪問者
サイト訪問者

 

みこみこ
みこみこ

僕も正直、予想外ではありましたね、、

 

そんな経験談に加え、なんと言っても、一般庶民で社畜だった私には、

「1記事500円なんてとても出せないな。これは続けられないな」そう感じたのが、正直のところでした。

 

こうして、価値の転換をしようと思ったわけです。

 

価値の転換

金銭的価値=一記事500円でライターさんを雇う

        ↓

社会的価値=一記事50円でライターさんを雇う

 

こちらの動画でも、お話しさせていただいているので、参考にご覧ください。

 

 

 

一記事50円を実現するために提供すべきこと

 

みこみこ
みこみこ
ではライターさんに、一記事50円で社会的価値を提供するために僕がしたことについてお話ししていこうと思います。

 

まず『ライターさんの募集』です。

金銭価値の提供をしていたときは、経験者のライターさんに向けての募集でしたが、
今回の社会的価値の提供をした募集相手は、
『技術などを目的とした初心者のライターさん』です。

ですので、『スキルが身につきサイト運営方法を教える』といった社会的価値
を考えた上で、
ライターさんを募集させていただきました。

初心者ライターさんを雇うにはまず
相手が不安に思っていることを解消してあげなければ募集はこない思い、
不安とは何かを考えてみました。

などでしょう。

こう言った悩みを解消することも踏まえ、次のように募集文を考えました。

 

 

初心者ライターさんへの社会的価値の提供
  • 記事の書き方を提供
  • WordPressの使い方の提供
  • 書いた記事の添削
  • 編集のやり方の提供
  • 記事へのアドバイス
  • 独立する手順の提供

 

このように、面倒を見て、技術を提供しますよ!とライターさんに募集をかけたのです。
この募集には、嬉しことにたくさんの応募が来ました。

 

ですが、この金額に対して安いと思う人がいないのかということがやはり気になるところです、、
現サイト訪問者
現サイト訪問者

 

みこみこ
みこみこ
私も正直少し不安ありましたね。ですが、実際この金額に対して不満を言ってくるライターさんはいませんでした。

 

金銭的価値を持っている経験者ライターさんならば技術もあるのに、
一記事50円は、割りに合わない!安すぎる!!と思うでしょうが、
初心者だから当たり前。と、そこには初心者さんとしての理解があったのかなと感じます。

 

なので言うまでもなく、今回の募集に応募してくるライターさんはおおよそが素人さんでした。

 

こうして初心者ライターさんの外注化を始めたのですが、
メリットもたくさんありました!

初心者ライターさんの外注化のメリット
  • こちらの要望をきちんと聞いてくれた
  • 書き方の指示をスムーズに聞き入れてくれた
  • 熱心に記事を書いてくれた

 

初心者ライターさんは全てが初めてですので、こちらの要望もしっかり受け止め、指示はスムーズに聞き入れてくれました。

 

また、教えることで、学ぶ精神が半端ないので記事も熱心に書いてくれましたね

 

本当にライターさんが素直に応じてくれて、指示どうりに努力してくれた
わけです。

 

みこみこ
みこみこ
人の心ってお金では買えないと判明した瞬間でしたね

 

このようにして、社会的価値を提供することで、ライターさんの育成ができました

そうして、1記事50円という破格外注ビジネスが可能になったわけです。

 

 

 

素人ライターさんは無駄記事になる?

そうは言っても、素人なんだから、記事数はかけても、お金にならないんじゃないか、、、

そんな疑問を持つかたも出てくると思います。

そんなことはないです。

結論、質より量」です。

 

初心者のライターさんに、初めから質のある記事を書いてもらうなんて、
無謀ですね。

鉄棒ができない子供に、逆上がりをしてもらうくらい無謀なことです。

しかし、鉄棒も練習をこなしていけば自ずと逆上がりもできるようになるのと同じで、
記事も数をこなしていくうちに、書き方がわかってきますので、
自然といい記事になっていきます。

 

また、正直多少の誤字脱字は関係ないですし、サイト評価にならないのでね、、、

それよりも、やはり提出していただかないことには始まらないので、
外注化というのは、
質よりも信頼関係や人間性が大事で、提出してもうことがもっとも大事ですね。

初めはその方なりに書いていただいて全然問題ありません。
その後このようにして下さいと社会的価値の技術を提供することで、
素人の方でも徐々にいい記事を書いてくれるようになります!

むしろ、素人さんの方がいい記事書いてくださることもありますよ。

 

初心者ライターさんのメリット

学ぼうとする心を持っている方なのでどんどん技術を吸収してくれます。
また、ここまで教えてくれるのだからこの人のためにいい記事書こう!
と言ったように献身的にもなってくれます。
こうして数をこなしていくうちに、必然的に、結果いい記事になります。

 

動画でもまとめてありますので、気になる方はぜひ!!

 

 

社会的価値提供の信頼関係でついに一記事0円も、、、

このように、継続してくれる外注さんも数多く出来、
さらにはずっと教えていた外注さんは、
自分のことを信頼してくれるようにもなりました。

 

みこみこ
みこみこ

達成感というのでしょうか。なんだかとても嬉しく思いましたね!

 

また、そんなライターさんに、新しいブログ立ち上げようと思った際に、それをお話ししたところ、なんと「いやそんなん僕タダでやりますって!!スキル身につくならタダでもなんでもします!!!」

そんなライターさんまで現れてくれるようになりました。

社会的価値からの信頼、、、本当にいいことだらけです。

でも確かによく考えれば、目先のお金なんて何の意味もないのですよね。

1記事3000円だとしても、スキルもフィードバックも教えてくれないのであれば、意味がないのです。

将来的に独立しても収入につながらなかったら、本末転倒ですからね。

 

僕は募集時に、外注さんが将来的にどうしたいか、目標などをお伺いするのですが、このような意見が多いですね。

外注さんの将来的目標

◯将来的にライティングスキルを高める

○高いお金で雇う案件に合格する

○ブログ運営をすることをゴールに設定している

○外に働きに行かなくてもいいくらいの収入が欲しい

 

このような、将来的目標を叶える為に、
技術等を提供すると考えたとき、タダといっても
しっかりスキルを教える=社会的価値はかなりWinWinな関係性であることは言えるかなと思います。

 

どこでライターさんを応募すればいいのか

 

では、一記事50円の外注化をするにあたり、実際どのようなことをすめきなのか、手順をご説明していこうかと思います。

まずは、どこでライターさん雇えばいいのか、についてお話ししていきます。

 

みこみこ
みこみこ
おすすめは、クラウドソーシンサービスですね。

 

沢山ありますが、『代表的な3つをご紹介』します。

 

 

クラウドソーシンサービス
  • クラウドワークス(クラウドソーシングサービスの代表格)
  • ランサーズ
  • シュフティー

 

この3つが、一番人が集まりやすいと言われていますね。

 

みこみこ
みこみこ
ちなみに僕はクラウドワークスを使っています。クラウドワークスは、一記事50円で可能です。

 

中には、一記事10円でスキル教えます、、と言った方もいますが、これは規約違反になるということで、ペナルティーがあるようですので、ご注意ください。

 

こちらの動画でが、一記事50円の注意点もお話ししていますので、
合わせてご覧ください。

 

サイトの収益化を図るための役割の提供

改めてですが、この1記事50円という外注化は、
スキルがない方に向けて、マニュアルや添削をしながら、
スキルを教えるということで成り立っています。

その中で、プロの方や、経験者の方、技術が上がってきた方には、ずっと50円ではなく、やはりそれ相当の金額を払う必要があると考えています。

しかしながら、サイト運営には、思った以上に、さまざまな役割分担があります。

 

サイト運営をする為の作業
  • 記事作成
  • ブログ管理
  • リライト(記事の更新)
  • 分析
  • SEO対策

などなど、ざっとですがこのように多くの作業があるのです。

 

なので、記事が良くなってきたから、顧問料払います!ではなくて、
環境と人材が整ったならば、その次には、、、

どのようにうまく運営し役割を分担していくか』といった経営での面でも
考慮していかなければいけません。

 

 

みこみこ
みこみこ
たとえば、僕ならば「では次に、分析を教えますんで、分析やってみませんか」と言ったご案内をします。

 

そういった役割を分担することで、次のようなことが可能になってきます!

そうした中で、最終的に、『このライターさん手放したくない』そんな方が現れれば、しっかりと、顧問契約をして、最終的にはビジネスパートナーとして雇っていってそれなりのお支払いをすればいいかなと思いまね。

結果、お互いWINWINな関係であればいいのかなと思いますね。

 

実際過去に教えた方には、1文字10円ライターさんやブログ運営して独立した方も複数いる為、少しでも掛け捨てではないライターさんとの接し方をして、外注さんに対してGiveの精神でいられればいいかなと思いますね。

 

みなさんも是非真似してみてください!

 

もちろんGiveの精神で、ブログ運営や本気で稼げるライタさーんを目指す気持ちでです。

 

 

まとめ

 

今回は、1記事50円の外注化仕組みについてお話しさせていただきました。

みこみこ
みこみこ
信じがたい情報ですが、納得していただけたのではないでしょうか!!

一記事50円が実現したことで達成できたことを改めてまとめます。

一記事50円の提供で達成できたこと
  • ライターさんの育成ができた
  • 社会的価値=技術の提供により、自ずと記事の質も上がった
  • 役割分担が可能になった
  • ライターさんが継続してくれるようになった
  • 結果お互いWINWINの関係になった

 

このように、お金以上の結果がついてきました。

メリットも沢山ありましたですので、ぜひ皆さんも、一記事50円の社会的価値を提供して、
まずは、ライターさんとの信頼関係を築いていって、
最終的にはライターさんとの繋がりを継続し、
収入へと繋げていっていただけたらと思います!!

、、、しかし、しかし、実際に始める前ですので、そう簡単には不安がなくならない!!

と思っている方もいるかもしれませんので、そんな方に、

次章④では
初心者の方でもこのような外注さんを雇えます!といったもう少し踏み込んんだ、満足ある内容でまとめてありますので、是非ご覧ください。

 

外注化物語④~初心者でも外注さん雇えますよ!~

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、システムエンジニアでした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

ブログで月100万以上稼ぐことに成功して

エンジニア辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、就職は東証1部企業だったものの

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

1記事50円で雇う方法全部教えちゃいます。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。
「超非常識」書かないブログ方法を見てみる!
—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)