【副業FIRE】親は選べないが仕事は選べる!稼ぎたいなら環境を変えろ!

Man celebrating success on top of a mountain with one arm Raised and Hands Closed
この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元システムエンジニア 超社畜of超社畜! 一緒に働いてた、高橋リーダーにパワハラされてたエンジニア時代に「なんで俺は毎日やりたくもないエンジニアをしているんだ」と思い、在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成!当時100万収益達成。(アドセンスのみで) 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたくて、ラーメン二郎がきっと好きだと思う給料18万で頑張っているサラリーマンの方々に「ブログは自分で書いたらキツすぎっす」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化&トレンドブログ&SNS運用。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

みこみこってどんな人か見てみる!

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

はい、どうもこんにちは みこみこです!

毎日たくさんの質問をいただくのですが、その中から1つお答えしていきます。

変えられるものと変えられないものについてです。
収入が少なくて悩んでいたり、嫌いな上司やお局さんに悩まされている人
今の環境を変えたい人にぜひ見ていただきたいです

詳しくは動画でも紹介していますので、読むのめんどくせ~
という方は作業しながらでも聞いてみてくださいね。


この世で変えられるものと変えられないもの

みこみこ
みこみこ
数学的な話になりますがこの世には【変えれるものと変えられないもの】があります。
分かりやすく言うと
変えられないもの→親族や血縁関係のある人、子供や配偶者など…

配偶者は離婚することで変えることはできますが、とんでもない労力を使いますよね。

これを僕は【変えられないもの】と考えています。

 

読者様
読者様
じゃあ変えられるものって何なのよ⁉

それはどういうものかというと

自分の時間や自分の年収自分の周りの友人や環境

これらは自分の意思決定により変更できますよね?

 

世の中にはこの2つ
定数(変えられないもの)・変数(変えられるもの)があります。
この定数に着眼してしまうと時間がもったいないのです!

みこみこ
みこみこ
時間は限られているから、変数を変えるのが手っ取り早いのよ

とはいえ定数(変えれないもの)を変えたいとういう人に

読者様
読者様
変えれないものは分かったけど、どうしても変える方法はないのかな?
みこみこ
みこみこ
変えることはできないけど、こんな方法はあります。
定数(変えられないもの)を変える方法
①自分の捉え方・考え方を変える
②指摘して互いの妥協点を見出す

①自分の気の持ちようで変える方法

例えばこれしなさいよ!と言われたときに「なんだよこいつ」って思うわけじゃないですか
でも、これを言ってもらえるのはまだお互いに信頼関係があるからだと思って
割り切って言うことに従う
割り切ってそういうもんだと思うと楽に人と接することができます。

なにくそ!って思う反面
それをこういうもんなんだと割り切っていただければいいのです。

②それでも許せないという場合

お互いにそのことを話し合って妥協点を見出しましょう。

ここで相手を変えようとか相手をどうにかしようと思うのは
定数なのでもったいないのです。

読者様
読者様
うん。よく分かった。じゃあ変えられるものについて教えてほしい!
みこみこ
みこみこ
では、実際に僕が行ったことを紹介します。

まず、自分の時間というのは変えることができます。

とはいえ、会社員時代は朝の7時に起きて出勤し帰宅するのは21時でした。
本当に時間がなかったし、しんどかったです。

実際に100万稼いだ僕の話
とはいえ、寝る時間を削ればこの【時間】というのは作ることができたのです。

ネットビジネスで稼ごう!そう思ったときに僕が行ったのは朝の5時に起き
7時までは作業をし、夜も帰ってきてお風呂とご飯は30分で終わらして
残りの時間をすべてブログ記事の外注化の管理に費やしました。

24時に寝て5時に起きるという生活を続けました。
もう本当にブログにフルコミットしました。

土日もすべて使い自分の時間というものはすべて中止して
自分の年収を上げるための努力をしました。

結果、僕はそれで月収100万円を達成できたので変えられないものに関しては
文句言っても仕方ないので、変えられるもの時間や年収
そして自分の環境や友人自分の年収を大幅にアップさせたという僕自身の事例がありますので
やっぱり変えられないものに費やす時間はもったいないと思います。

読者様
読者様
確かに時間は変えられるよな…自分でもできそうな気がしてきた
みこみこ
みこみこ
そう、誰でもできるからこそやらないともったいないんです!
実際にブログで得た収入を公開しています⇩

【売上公開】本当にブログで生活できてるの?嘘でしょ??

年収は自分次第で変えられる

みこみこ
みこみこ
自分が年収を変えるために行ったことの失敗例をお話しします。

会社員時代の僕はIT系の資格を取ると、月収が5,000円上がるぞ~
と聞いて時間をフルコミットして資格の勉強をしていました。

ですが、この資格にフルコミットしている時間がもったいないということに気づいたのです。

この時間を自分のブログアフィリエイトにあてたほうが効率がいいなと思ったのです。

みこみこ
みこみこ
3ヵ月~半年かけて5,000円を上げるってめっちゃコスパ悪いやんと思いましたね。

そこでブログアフィリエイトを始めたところ月100万稼ぐことができたので
もう一個の収益を持つという方針が正しかったと思います。

会社を変えることで収入アップ

うざい上司やお局さんは変えることができないけど
会社を変えること、いわゆる転職することはできると思います。

読者様
読者様
確かにそうだけど、それって結構勇気いるよね…
みこみこ
みこみこ
会社内の部署移動でもいいと思うよ!収入上げたいなら待遇のいい会社に行くべきだけどね

とにかく定数ではなくて変数に着目して
そこで自分が考え方を変えていくしか方法はないんです。
とにかく変えられるものはどんどん変えるべきです。

会社・友達・奥さん・旦那さんなどは変えることができないので
僕としてはそこで時間を費やして全部の年収だったり部署移動
会社での不満っていうのを軽減させるというのが
一番手っ取り早いかなと思っています。

◆実際のネットの声◆

家族の協力を得るにはこうしろ

読者様
読者様
転職や自分の環境を変えることは分かったけど、結婚していると配偶者の理解を得るのが難しい…
みこみこ
みこみこ
それは大丈夫!今から紹介することを実践してみて

転職や外注業務、ネットビジネスをするうえで一番大切なのは家族の理解です。
家族の協力が絶対必要になってきます。
家族がやっていると【またやってるよ】みたいな感じになるんですよね。
なんか冷たい目線で見られるし、わ~またコイツやってんじゃんみたいな感じで
口を聞かなくなってしまう人も中にはいらっしゃいます。

みこみこ
みこみこ
これに関しても、家族は変えられんから家族の考え方を変えるんですよ

自分の行動や行い・説得の仕方によってここは変えることができます。

説得にはFAB理論を使うべし

読者様
読者様
なんじゃそりゃ

これは営業の理論になるんですけど
FAB理論とは
F→Feature(特徴)
A→Advantage(利点)
B→Benefit(利益)

フューチャー・アドバンテージ・ベネフィット
の略になっています。
この理論を詳しく説明していきますね

家電の営業を例にすると
【営業マンがパソコンを売りたい場合】
売りたいパソコンがcorei9だとしましょう
パソコンに詳しくない・よくわかんない人にとったらなんじゃそりゃ?ですよね

corei9とは最新型のCPUのプロセッサーなんですが
corei9に関して「このパソコンcorei9なんですよ~」って言っても
知らないお客様には全く響かないんです。

分かっている人ならおぉ~!ってなりますが、わからない人にははぁ?ですよね。
これをFAB理論を使うとなると
お客様にはFeature(特徴)ではなくてbenefit(利益)の部分を伝えるべきなんです。

corei9をかみ砕いていくと【処理速度が早くなる】ですが
これだけだとあまりお客様にとってベネフィットがないんです。
自分に対してどのくらい利益があるのか、
どのような利用をするのかでベネフィットは変わってきます。

お客様の話をかみ砕いていって、お客様が動画編集をするようなら
FAB理論はこのようになります。

Feature(特徴) CPU:corei9
Advantage(利点)パソコンが速くなる
Benefit(利益)動画編集のスピードが良くなる

このように相手に響く形のベネフィットを提示する必要があります。

読者様
読者様
確かにそう言われるとこのパソコン欲しいわ~ってなるな!FAB理論をほかにも活用する方法が知りたい!
みこみこ
みこみこ
では、これを副業に例えてみましょう!

家族にプレゼンできるFAB理論

副業(ブログ)で100万円稼ぎたいと思ったときにはやはり家族の協力が必要ですよね。
でも、ブログで100万稼ぐからと伝えても相手にはベネフィットがないから伝わりにくいのです。

ブログで100万稼ぐための家族へのFAB理論は
このビジネスが成功すれば子供たちと良い旅行にも行けるし
、好きなものも買ってあげられる
そんなに頑張って働かなくても済むしという未来を見せてあげることが大切です。

【こんなに自分のことを考えてやってもらえるんだな】と思わせたら勝ちです。

分かりやすく書き出すとこんな感じですね。

Feature(特徴)ブログで稼ぐ
Advantage(利点)収入が増える
benefit(利益)旅行・買い物が自由にできる、頑張って働かなくてもいい

相手にきちんと伝わるとお互いに夫婦関係が良くなったり、それだったらやったらいいよ
と理解も得られやすくなるんです。

このFAB理論をきちんと使うことができれば相手の気持ちを変えることができます。
なので、これは変えられるものの一つなのです。

読者様
読者様
相手に伝えるベネフィット良くわかったよ!でもそれでも理解を得られなかったらどうしよう?
みこみこ
みこみこ
では、実際にあった話をお話ししますね

FAB理論が通じない相手には

これは自分の知り合いの奥さんの話ですがあまりお勧めの方法ではないですがご紹介します。

実際にあった話
夫婦間の財産は共有財産なのですが
奥さんが「●●のコンサルを受けたいから15万使うわ」と言いましたが
夫は「いや、そんなん絶対詐欺だろダメ!」ってなったらしいんですよ

でも、その奥さんは反対されるのが分かっていたので最初から「あ、もう買ったわ!」
て事後報告をしたんだそうです。

みこみこ
みこみこ
この後めちゃめちゃ夫婦喧嘩したらしいです…

でも、こういった強行突破の手もあります。

結果として後で成果が出ればいいわけなんですよ。
成果が出るって保証がないものに関してはあまりお勧めしないのですが
こういった強行突破する方法もあることを知っておいて下さい。

みこみこ
みこみこ
ちなみに僕も親とか彼女とかの話を聞かずに強行突破で家買っちゃいましたね~まぁ、結果利益が出れば誰も何も言いません。

FAB理論が使えない相手には強行突破することをお勧めします。
あまり良い方法ではないのですが

まとめ

✓変えられるもの(変数)と変えられないもの(定数)を理解しよう
✓自分の気の持ちようで変えられないものは変えられる
✓収入は自分次第で変えることができる
✓家族の協力を得るにはFAB理論を使え

みこみこ
みこみこ
この理論を用いれば人の気持ちも変えることはできるので
変えられるものを変えていただいて
より良い生活を送ってくださいね。

関連記事はコチラ⇩

サラリーマン時代に副業でネットビジネスしたら給料余裕で越えた話~前章~

サラリーマン時代に副業でネットビジネスしたら給料余裕で越えた話~後章~

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、システムエンジニアでした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

ブログで月100万以上稼ぐことに成功して

エンジニア辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、就職は東証1部企業だったものの

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

1記事50円で雇う方法全部教えちゃいます。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。
「超非常識」書かないブログ方法を見てみる!
—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA