【実話】元介護士が経験した面白い話「インカムあるある編」

この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&コンサル、外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元IT系サラリーマン 社畜の中の社畜! 上司に気に入られずパワハラされてた社畜時代に「くっそこいつら絶対見返してやる!ブログかくぞおお稼ぐぞおおお」精神で在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成! 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたい手取給料18万で頑張っているサラリーマンに「ブログは自分で書いたらオワコン」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

「いないと思って愚痴ってたら、本人登場した!」

どうも、みこみこです。

人の愚痴を言っている時ほど、タイミングよく本人が偶然登場したりしませんか?

「え!このタイミングで⁉︎」ていうw

その時ばっかりはめっちゃヒヤヒヤしますし、子ども頃親に言われた「悪いことしてると神様がみててバチがあたるよ!」という言葉に納得してしまいます。

今回は、そんな『愚痴』に関して起きた介護現場の面白い話をご紹介します。

介護職の”インカム”おもしろいネタ

 

みこみこ
みこみこ
介護士をしていてあった面白ろネタとかある?
ありますよ!
おもしろネタはいくつかあるんすけど、今日は”インカム&愚痴”ネタをご紹介しますわw
元介護士S
元介護士S
みこみこ
みこみこ
インカム&愚痴w
なんとなく面白い展開が想像できるね

 

僕の元勤め先はワンフロアに40人の入居者がいて、日中は職員6〜7人で回している特別養護老人ホームでした。

施設によってはもっと少なかい人数で回してるところもあるんですけど、40人を6〜7人で回すって結構シンドイっす。

 

特養は寝たきりの方が多くて介護レベルが高いんで、排泄介助だけでも一苦労ですわ。40分ぐらいで1人あたり約15人の排泄介助をしないといけないんで、冬でも汗ダラダラ。高齢者はゆるい便の人がほとんどなんで、1人介助するのに手間と時間がめっちゃかかります。

中には暴れたりする利用者もいたりするんで。。。

6人体制の排泄介助はこんな割り当てになります!

排泄介助:4人
ロビー見守り:1人
リーダー(書類作業):1人

 

ベットでの排泄介助を行うため部屋で休んでいる利用者さんが多いんですが、中にはロビーで談笑を楽しんでいる方もいます。

その中には介助なしでは歩けない方もいるんで、もし立ち歩こうとしたり、トイレに行きたいとなったら誰かが付き添わないといけないんです。

 

その時にロビー見守りの職員が、別の場所にいる職員に声をかけるのに使うのが”インカム”。

 

マイクをONにするだけで離れている職員に声かけできるんで、その場を移動しなくても伝えられるという。急ぎの共有連絡もインカムで流せば集まる必要もないんで、すぐに共有できちゃう便利アイテムですわ。

 

【介護現場】知らぬ間のインカムスイッチONが生み出す悲劇

 

インカムは情報共有もしやすくて、他の職員に何か伝えるときにわざわざ相手のところまで歩かなくてもいいんで体力を温存できます。

また一人で介助している時に分からないことや、緊急事態の時もすぐにインカムを通して連絡できるんでめっちゃラクです。

 

僕の施設は胸元らへんにつけたピンマイクのスイッチを押すと、音声を相手に届けられるインカムでした。

誤ってスイッチをONにしたままにすると、全職員に自分の声が丸聞こえになるという恥ずかしい結果が。。。

 

友達との電話中に保留にし忘れて、家族との会話がダダ漏れしてた、みたいな。

あれ地味に恥ずいんすよね。

 

介護現場のインカムも、利用者さんとの会話とか丸聞こえになって他の職員に半笑いで「マイク入ってるよw」って言われるっていう。

「なんか変なこと言ってないよな。。。」

考えれば考えるほど恥ずかしくなります。

 

そして介護職員って結構独り言が多くなりがちなんですけど、僕は一人で

 

「あれ?あの部屋のおむつ補充したっけ?」

「あれやって、これやって、あれ?」

「いや〜年ですかね。思い出せませんわ!!!」

「いやいや僕はまだピチピチよ」

 

っていうのを誰もいない空間だったんで、ひとりノリツッコミしてたらマイクがONになってことがありました。

全職員に流れました。

めっちゃ笑われました。

インカムをマジでひきちぎってやろうかと思いましたわw

 

そんな感じで気付かぬうちにマイクがONになってると恥ずかしい思いをすると。

まぁ、でも一人ノリツッコミを聞かれて笑い話にされるぐらいなら、まだまだ可愛いもんですわ。

 

インカムは笑い話にできないほどの悲劇も生んじゃうんです。

 

インカムが引き起こした修羅場

 

みなさんも予想がつくと思うんですけど、「インカム×修羅場」で起きるのは、知らぬ間にマイクONになっていて職員同士の悪口がダダ漏れした場合です。

 

先輩→後輩なら、後輩くんが可哀想だなってなります。

後輩→先輩なら、後輩やっちまったな。あとで平謝りだなってなります。

同期→同期、これが一番ややこしい!!

 

それも互いに経歴が長くて、どっちもある程度の発言力を持っている場合。リーダー職レベルの職員の派閥ほど恐ろしいもんはないですよ。

 

僕の施設であったのは、その日のリーダー職員Aさんがパソコン作業しながら他の部署の人たちと楽しそうに談笑してたと。

談笑の途中に、他の職員からインカムで連絡があったためAさんが「ほいよ〜」と返答。

そして、そのままマイクON状態に。

 

何気ない世間話や利用者さんに関する会話が繰り広げられてるだけならよかったんですけど、この後に悲劇が生まれるんです。

話の流れで、

 

「その時、Bさんに〇〇した方がいいよって上から言われたんですよ。マジでうざかったですわw」

「お前に言われんでも分かっとるわってwマジで嫌いですわ」

「自分がリーダーじゃない日でもめっちゃ出しゃばって指示出してくるのうざすぎるw早くどっかの施設に移ってくんないかな〜」

 

Bさんの悪口のオンパレード。めっちゃ大笑いしてるという。

これがインカムにダダ漏れなんです。

たまに2人の雰囲気が悪いかなって時もあったんですけど、2人で会話してる時もあったんでそこまで仲悪いわけじゃないのかなって思ってたら、まさかの事態!

 

僕はインカムで悪口聞きながら、「うわ〜、これヤバいな。全職員に丸聞こえやん」て思ってました。

でも、内容的に「マイク入ってますよ」って言いづらいっていう。

 

そして悪口が流れたのも悲劇なんですけど、更なる悲劇はその話題の的になっているBさんがインカムを付けてたことですわ。

Bさん本人にも悪口が流れてるという。

 

この後に、Bさんが「マイク入っててうるさいんで、スイッチ切ってもらってもいいですか」ってめっちゃ低いトーンで発言。

Aさん「。。。。」、無言でスイッチOFF。

Bさんが小声で「楽しく談笑するほど、今日のリーダーは暇そうで羨ましいわ。」

 

その後は地獄っす。

どっちとも互いのことを他の職員に愚痴ってるという。

あれほど空気が重くて、息苦しい勤務時間はなかったです。

 

AさんもBさんもリーダー職なんで、そんなに出勤日時が丸かぶりすることがないんですけど、2人が一緒の時は「マジか。。。」ってなります。

どっちからも悪口聞かされるんですけど、どっちかの味方したら自分自身も標的になる可能性があるんで適当に流す。

「あ、そうなんすか。僕あっちの仕事片付けてきますわ」とか適当に言って逃げますw

 

介護現場で派閥があるとこもあるんですけど、どっちかに加担した瞬間に巻き込まれるんで気を付けてください。

 

今振り返ればネタなんですけど、当時は人生で感じたことないぐらいの空気の重さでした。

インカムを装着してる時に悪口を言うときは、マイクが入ってないか確認してくださいw

まぁ職場の悪口を職場の人間に言うと100%広まるんで、発散するなら家族&仕事とは関係ない友人にちょっと聞いてもらうのがおすすめですわ。

 

 

 

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、元IT系サラリーマンの鬱病患者でした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

月100万以上稼ぐことに成功して

サラリーマン辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、大学院は中退

もちろん高校でも大学でも、ずっと下から10番以内の頭の出来でした。

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)