大卒の初任給平均手取りは?地域や職種別にランキング形式で紹介!中卒の経験談も!

大卒 初任給 ランキング
この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&コンサル、外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元IT系サラリーマン 社畜の中の社畜! 上司に気に入られずパワハラされてた社畜時代に「くっそこいつら絶対見返してやる!ブログかくぞおお稼ぐぞおおお」精神で在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成! 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたい手取給料18万で頑張っているサラリーマンに「ブログは自分で書いたらオワコン」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

 

こんにちは。大学を出れば給料がいいというのはよく聞く話ですが実際どうなんでしょうか?

 

きっと皆さんも気になりますよね。

 

なので今日は

「大卒の人の初任給ってどれくらいだろう?」

「高卒との金額の違いは?」

「最初に給料が高い職種は?」

「初任給を上げるためにやっておいた方がいいことは?」

 

などについてこの記事では書いていこうと思います。

 

高校で就職しようか大学に行った方がいいか悩んでる方や既に新卒で就職済みの方にも役に立つ記事となっていますのでぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

大卒の初任給の平均は?

 

 

先に結論からお伝えすると大卒の方の初任給の平均は、平均212,000円といわれています。

 

大学院卒の初任給が最も高く続いて大卒や短大、高卒の順番となります。もちろん企業によって差はありますから確定ではありませんが基本的には大卒が有利と見て間違いはありません。

 

また大企業や中小企業で比べても大企業の方が初任給は高いです。

 

後ほど詳しく説明しますが大企業は基本的に大卒しかとらないので大学を出れる余裕がある方は出た方がいいといわれるのはこれらが理由となるんでしょうね。

 

大卒のメリット

 

大卒の初任給平均を知ったところで続いて大卒であることのメリットをお伝えします。

 

結論から言うと

 

  • 大卒は大企業に就職しやすい
  • 評価されやすい
  • 生涯賃金や退職金も高卒よりはるかに多い

 

などのメリットがあります。

 

事実として初任給の良い大企業に就職できるのは、基本的に大卒の人がほとんどです。

 

もし高卒で大企業に就職できたとしても、大卒と同じ給料がもらえることはないです。

 

学歴が関係ない世の中になってるといえど初任給にはまだまだ学歴が関係してきていますね。

 

このことからわかるように進学に悩んでいて大企業に勤めたい方はまず大学に行った方がいいでしょう。

 

続いて評価されやすいということですが大卒でない私自身も思うんですが大卒=能力が高いかというと必ずしもそうではないはずですよね。

 

なのになぜそこまで大卒が優遇されるんでしょうか。

 

これはどうやら今までの過程が評価されるみたいです。

 

大学受験をしたこと、在学中の課題、レポート、単位取得など卒業するまでにかなりの努力をしてきている。ほかにも大卒の方が目標達成に向けてやり切る力があるとか問題に直面した時に解決能力が高いなどの評価を受けるみたいですね。

 

大企業にも行きやすいしさらに評価も受けやすい大卒ですがまだメリットがあります。

 

同じ企業に勤めても、1年目で高卒と大卒の差は男性43.9万円、女性42.3万円ほどに広がります。高卒は大卒よりも4年早く社会に出て働けますが、4年間働き続けて会社の戦力として頑張っている高卒よりも、大学卒業後1年目の人の方が給料が良いのが現実ということです。

 

また生涯賃金でも退職金込みの男性の生涯賃金を大卒と高卒で比較すると7379万円もの差がつきます。4年がそこまで変わる!?と衝撃をかくせません。。

 

総額でなく分けて考えると退職金は高卒と大卒で約500万円も差が生まれますし、

 

61歳以降に稼げる収入は1100万円も違います…

 

皆さんも大卒は高卒よりも稼げるとはなんとなく知っていたと思いますが、ここまで大きな違いがあるとは思わなかったんではないでしょうか。

 

大卒の方が稼げる!

 

これは紛れもない事実みたいですので迷ってる方は大学に行った方がいいかもしれませんね。

 

学歴以外にも地域や職種別の初任給の違いを知る

 

初任給の平均や大卒のメリットが知れたところで地域や職種別の差もみておきましょう。

 

大卒であることと組み合わせると高い初任給がもらえるところに就職できるかもしれません。

 

地域

 

初任給に差があるのって思われた方もいるかもしれませんが最低賃金が地域ごとに違うように、初任給の平均額にもばらつきがあります。

 

 

都道府県別の月の賃金

(参考:厚生労働省平成30年度賃金構造基本統計調査P13

高い順に紹介すると1位は東京都で22万500円。

次が千葉県で21万1700円、3位が神奈川県で21万800円となっています。

反対に一番低いのは沖縄県で17万5000円です。

 

なので地域によっては月4万5500円の差があり、なんと年間に54万6000円の差が生まれていることになるんですね

 

よく考えれば物価も違うので当然かもしれませんがもし新生活を始める地域が住んでるところと違う場合は一応確認しておくといいかもしれませんね。

 

 

職種

 

続いて職種です。

男性の業種別平均賃金

(参考:厚生労働省平成30年度賃金構造基本統計調査P7

 

女性の業種別平均賃金

(参考:厚生労働省平成30年度賃金構造基本統計調査P7

 

 

基本的には専門的な知識や技術が必要な企業、需要がある企業は初任給が高くなる傾向があります。

 

例えばIT企業やベンチャー企業です。

 

平均初任給は21万円ですがこれらの職種は初任給30万円を超える場合もあります。まさに今成長中の産業ですが需要と供給が追い付いておらず人手不足状態でもあるので、初任給を高くしてでも人材を獲得したいからと言えます。

 

また業界全体の給与水準が高い場合もありますし、初任給を高く設定して多くの学生に応募してもらい、その中から優秀な学生を採用したいなどの理由から高めに設定されているんですね。

 

今後も需要や専門的な知識がある業種は初任給が高めである傾向は続くといえるでしょう。

 

なのでここまでをまとめるに大卒×大手の成長産業や需要のある企業に就職したら初任給が多くもらえそうですね。

 

手取りと初任給の違いはこちらの記事を参照

⇊⇊

初任給が安すぎる!安い基準は?初任給の安さで生活できない人向けに先輩たちの対処法も紹介

 

【実体験】中卒で稼いだ人もいる!?

 

ここまで読んでくれた方はもう大卒じゃないとだめじゃないかなどど諦めている方はいませんか。

 

確かに事実として大卒と高卒で初任給を含めて生涯もらえる給与を比較した際は、大学進学の方がいい選択だとはいえます。

 

ですが高卒の人も諦めるのはまだ早いです。結論から言うと高卒の人にかかわらずですが初任給を上げたい人は自分のスキルを身に着ける。これが一番大切です。

 

まさしく私の友人が最高なモデルなんですが私の友人はなんと中卒でした。

 

ですが高校生になったとき本人がこれじゃまずいと思ったみたいで独学で動画編集を勉強して案件をたくさんこなしました。7年たった今では独立を果たして同い年の大卒よりもはるかに稼いでいます。

 

このように実際高卒(中卒)の学歴でも、大卒と同じ、それ以上の収入を得ている人は全然います。

 

だから一番大切なのは企業に勤めるにしても自分の力で生きていくにしても最も大切なのはスキルを身に着けるということです!

 

また中小企業だと大卒との差はそこまでないので中小企業でいい企業を見つけるというのも一つの手ですがやはりこの選択もスキルがある人が有利に進められます。要するに大卒の人が評価される部分よりもはるかに自分の評価ポイントを持ってたらいいんです。

 

専門分野でスキルを活用し実績を積んだ人ていうのは企業にとってめちゃくちゃ貴重な存在です。

 

もしこれを可能にできたら高卒はだれよりも早く社会に出て働いてすぐに給与をもらえるので

 

大学進学で入学費や学費など出費が多く四年間社会に出て働けない大卒よりもはるかにコスパ良いですよ。

 

友人がこのようにかっこよく背中で見せてくれたので私も高卒ですが奮闘中です。(笑)

 

という感じで大卒の初任給の話から高卒も大卒も給料があげられるようなお話をしたんですが最後に一つだけ注意してほしいのがブラック企業に引っかからないようにすることです。

 

実際初任給を高く設定しないと人が来ない企業はあります。なので初任給が高いからと飛びつくのではなくきちんと昇給額を知ることや待遇、福利厚生、離職率なども含めて判断してくださいね。

 

収入ももちろん大切ですが自分の望む人生をかなえるために仕事があります

 

明確にこれだけは譲れないなどの条件を自分で決めておくと仕事選びでいい選択ができるかと思いますので是非参考にしてみてくださいね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

あらためて今回ご紹介した内容を簡単にまとめると、

大卒の初任給の平均は21万程度

大卒のメリットはとてもある

学歴以外にも地域や職種別の初任給の違いがある

高卒でも大卒より稼ぐことは可能

 

という感じになります。

 

大卒の方が初任給がいいのは明らかになりましたが、高卒だからといって、ダメなわけではありません。あなたの目指す未来を実現するために今から行動を起こして未来を変えていきましょう。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、元IT系サラリーマンの鬱病患者でした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

月100万以上稼ぐことに成功して

サラリーマン辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、大学院は中退

もちろん高校でも大学でも、ずっと下から10番以内の頭の出来でした。

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)