Googleアドセンスの審査は通らない?合格の秘訣はコレだけ!ポイント10選を紹介!

この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元システムエンジニア 超社畜of超社畜! 一緒に働いてた、高橋リーダーにパワハラされてたエンジニア時代に「なんで俺は毎日やりたくもないエンジニアをしているんだ」と思い、在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成!当時100万収益達成。(アドセンスのみで) 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたくて、ラーメン二郎がきっと好きだと思う給料18万で頑張っているサラリーマンの方々に「ブログは自分で書いたらキツすぎっす」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化&トレンドブログ&SNS運用。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

 

こんにちは!みこみこです!

今日はブログをやっている人には、お馴染みのGoogleアドセンスについてお話しします。

これからブログを始める人、始めたばかりの人で、収益化を目指しているならGoogleアドセンスを利用して損はないです。

Googleアドセンスは、どういうサービスなのかというと「クリック報酬型広告」のことを言います。

簡単に説明すると、あなたのwebサイト内に貼られた広告がクリックされる度に、報酬が入ってくるという超超おすすめのサービスです!

Googleアドセンスは、無料で利用できて、収益を得ることができる良いことづくしのサービスです。

一度審査に落ちたという方でも、再審査が可能となっているので、焦らなくて大丈夫です!落ち着いて修正かけていきましょう。

この記事を参考に、サラッと合格してガツガツ収益化につなげてみてくださいね!

 

Googleアドセンスを理解しよう

Googleアドセンスって良いことづくしなんですね!
でも..怪しくないですか?
Googleアドセンスは誰でもやっていいのでしょうか?

 

みこみこ
みこみこ
そうなんです! Googleさんが提供しているサービスなので、安心して利用することができますよ!しかし、Googleアドセンスは審査に合格した人が利用できる仕組みなので、今日は合格のコツを詰め込んで書きました!

 

Googleアドセンスは、Google社がwebサイト運営者に提供している「クリック報酬型広告サービス」のことを言います。

約200万人の方が利用していると言われ、webサイト運営者に高く支持されていることがわかりますね。

この章では、Googleアドセンスにこれから挑戦したい方向けに、サクッとGoogleアドセンスの仕組みやメリットについて説明したいと思います。

 

報酬が得られる仕組み

Googleアドセンスがwebサイト運営者に広く支持されている理由は、なんと言っても、報酬の得やすさではないでしょうか。

webサイトから収益化する方法としては、Googleアドセンスの他にアフィリエイトがあります。

アフィリエイトは、広告を経由して商品が購入されたり、サービスの契約が結ばれることによって、報酬を得られる仕組みです。

そのため報酬を得るためには、購入や契約に繋がるような工夫をする必要性も出てきますね。

それに対してGoogleアドセンスは、サイト内の内容やユーザー情報により、自動的に適した広告が表示されるようになっているので、商品を詳しく紹介するページを作らなくても良いのです。

Googleは世界でも人気があり、日常生活でGoogleを使う人は多いですよね。そんなGoogleだからこそ、沢山の広告主さんによって、サイト内の広告枠が入札されています。

webサイトからの収益化において、需要があり、広告数やユーザー数が多いサービスを使うことは、最大の強みですよね!

では、クリックされる度に報酬が得られる仕組みとはどのようなものなのか、と言うことについて説明します。

Googleアドセンスのクリック報酬の仕組みは以下のようになっています。

 

アドセンス収益化の流れ
  1. 広告主がGoogleへ広告を出稿
  2. Google社が広告の審査
  3. アドセンスのタグwp貼り付けてある+条件を満たしているwebサイトに広告が表示される
  4. ユーザーから広告がクリックされる
  5. 広告主がGoogleへ広告費の支払い
  6. Googleがwebサイト運営者にクリック報酬の支払い

 

 

また、Googleアドセンスの収益額については、広告のクリック単価によって異なり、クリック単価は広告主がが決めているため、広告のジャンルによって設定額に変動があります。

つまり、Googleアドセンスの収益額はリック単価とクリック率によって決まりますが、どの程度の単価の広告が貼り付けられるかによって変動があることを念頭におく必要があります。

 

Googleアドセンスの収益計算

収益額=クリック単価 × クリック数

 

また、Googleアドセンスは平均クリック単価を公表しておらず、正確な数字は分かっていないのが実情ではあります。

Googleアドセンスのヘルプページにも、以下の内容が記載されております。

アドセンスのサイトで得られる収益を厳密に予測することは困難です。実際の収益額は、サイトのトラフィック量、サイトで提供しているコンテンツの種類、サイトのユーザーの所在地域、広告掲載の設定など、様々な要因で変化します。

引用:https://support.google.com/

しかし、金融や教育などのジャンルの広告は、比較的に単価が高いと言われ、クリック単価は100円以上になることもあると言われております。

 

Googleアドセンスはやった方がいい?

 

Googleアドセンスはクリック単価で報酬がもらえるサービスなので、それだけでもお勧めできます。

ですが、サイト運営は慣れるまでがとても大変ですよね。その上に広告を運用するのは手が回らなさそう…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Googleアドセンスは、手軽に広告運用できる仕組みがあり、収益拡大を図ることができます。

 

Googleアドセンスのメリットは以下の3つです。

メリット
  1. 入札単価の最も高い広告だけを掲載
  2. お客様のオーディエンスに適した広告
  3. ご自身で管理

どういうことなのかを、詳しく説明します。

Googleアドセンスは、サイト内の広告スペースが競争を経て入札される仕組みで、他のクリック型広告に比べて、クリックごとの単価が高いという特徴があります。

また、掲載される広告は、ユーザーやコンテンツにとって関連性の高いものが自動で表示されるため、サイト運営者の調整がいらず、手間をかけずにサイト運営に集中することができます。

広告は自動で表示されますが、サイト内に表示したくない広告は自身で制限することもできるため、広告を管理することが可能です。

このように、Googleアドセンスは初心者でも収益化しやすい仕組みが整えられています。

では、次の章からは「審査合格するにはどうしたらいいの?」という部分に関して、審査合格に向けた攻略法をご紹介していきたいと思います。

 

落ちる人ってどんな人?

 

Googleアドセンスの審査に通らない理由には、いくつかの原因があります。しかし、具体的に落ちた理由がわからないという方がいるのも事実。

そうなってしまうと「どこを修正したらいいの?」、「もう諦めてしまおうかな…」と思ってしまいますよね。

合格までの第一歩としては、多くの口コミから審査の実情を知り「なぜ落ちてしまったのか」、または「なぜ受かったのか」を明確にしていきましょう。

そして、受かるためにできることをとことん抑えて、効率よくGoogleアドセンスデビューを目指していきましょう!

 

不合格通知が来てしまった…

Googleアドセンスは、すぐに合格する人もいれば、複数回審査に落ち、合格までに数ヶ月かかってしまう方もいらっしゃいます。

Googleアドセンスの審査に関するネット上の口コミは、このような感じです。

https://twitter.com/Nayu_melody/status/1549007078538088449?s=20&t=LRMJZ7wvbrpdobRn90mEhQ

 

このようにGoogleアドセンスは、審査に通るまで苦戦した人もいます。ですが、一番皆さんの頭を悩ませているのは、審査に落ちた原因が明確にわからないこと。

審査に不合格となった通知には「有用性が低い」などと記載はあるものの、具体的にどこをどう改善すべきなのか、そもそも有用性が低いとはなんなのか、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

落ちる理由は何?まずは利用条件を理解しよう!

 

Googleアドセンスに落ちる理由がわからない方に今一度抑えておいてほしいのが、Googleが提示している「アドセンスの利用条件」についてです。

Googleアドセンスのサポートページには、利用条件として、以下の3つが提示されています。

 

利用条件
  1. 他にはない魅力があるか。
  2. 操作が簡単で分かりやすくなっているか。
  3. 興味を惹く独自のコンテンツがあるか。

 

以上のことから、Googleアドセンスでは「ユーザーが求めている情報を、分かりやすく、そしてユーザーにとって価値の高い独自のコンテンツとして提供できていること」を大切にしていることがわかります。

Googleアドセンスは、クリック報酬型広告サービスであるため「多くの人に見てもらえるサイト・記事であること」は非常に大切ですよね。

つまり、ユーザー視点でのコンテンツの質が高いこと「ユーザーファースト」で運営されていることが利用条件だということがわかります。

 

合格から収益化までの完全ロードマップ!

Googleアドセンスデビューのためには、①審査への申請、②合格のための注意点やコツを抑えてサイト内を整えることが必要です。

以下では、申請から合格の秘訣まで解説したいと思います!

 

Googleアドセンスの申請方法!3ステップで完了!

 

❶Googleアドセンスのページへアクセスし、赤枠のご利用開始をタップ。

❷あなたのサイトURLを入力します。国籍や情報配信の希望の有無を選択し、ご利用規約への同意をチェックし、Adsenseのご利用を開始をクリックします。

❸赤枠の個人情報を入力します。発行されたアドセンスコードをサイト内に貼り付け、完了すると、審査が開始されます。

以上で、申請の流れは完了です。

では、Googleアドセンスへ合格するために、次は合格のための7つのチェックポイントをご紹介します。

 

合格のポイント10選はコレ!

 

ネット上では、晴れてGoogleアドセンスに合格した方が「こうやったら合格できたよー!」などと、色々な合格のコツを紹介しています。

 

みなさんが気になるのは『どうやったら合格するのか?』と言うことだと思います。今回は、合格のチェックポイントをまとめているので、ぜひ参考に、サイトを構築してみてくださいね!

 

合格チェックポイント
  1. 独自ドメインの取得
  2. 規約に準拠したサイトであること
  3. 法律違反していない記事
  4. プライバシーポリシーを記載
  5. 運営者情報が記載されている
  6. カテゴリーわけがしっかりされている
  7. サイト・ナビゲーションがうまくできている
  8. 文字数が1000文字以上の記事を5〜10記事
  9. 日記ではなく人に情報を提供できる記事
  10. 読み手の見やすい記事である

 

 

独自ドメインの取得

 

ドメインとは、ネット上の住所のようなもので「〇〇.com」や「△△.jp」などのことを言います。独自ドメインの取得は有料となってしまうため、年間で数千円程度の費用がかかります。

一昔前まではサブドメイン形式、つまり無料ブログでも申請が可能でしたが、初めてアドセンスに申請する場合は、「独自ドメイン」の取得が必要です。

独自ドメインでサイトを運営するのにおすすめなのはは、WordPressです。

 

ドメインの取得、WordPressについては、以下の記事で詳しく説明しています↓

【2022最新版】WordPress完全解説!初心者必見!

 

アドセンスポリシーを守る

アドセンスのプログラムポリシーを踏まえた上で、気を付ける点があります。それは、クリック数を操作する行為になります。

クリック数を操作する行為とは、以下のようなものがあります。

  • 自分自身で何度も広告をクリックする。
  • 家族や友人などにクリックを依頼する。
  • 広告をクリックするように促す。
  • コンテンツと広告の区別がつかないレイアウトにする。

 

Googleアドセンスはクリックによって報酬が得られるサービスであるため、クリック数を「意図的に」操作する行為は禁止されています。

SNSでのブログ仲間同士でのクリック行為も禁止されているため、注意をしていく必要があります。

もし万が一、不正クリックが起こっていると判断された場合には、広告配信の停止や、Googleアドセンスアカウントが無効になるなど、ペナルティーが課されることもあるので、注意していきましょう。

 

法律違反していない記事

サービスの信頼性を保つため、コンテンツ内容にも注意点があります。このポリシーにも違反してしまうと、広告の表示がブロックされたり、アカウントの停止や閉鎖のリスクがあるので押さえておきましょう。

権利や法律に引っかかる行為としては、以下のようなものがあります。

  • 著作権の侵害(コピーコンテンツなど)
  • 肖像権の侵害
  • 誹謗中傷的する内容のコンテンツ
  • 薬物やアルコール、タバコに関するコンテンツ
  • アダルトな内容のコンテンツ

 

著作権の侵害

他の人が書いた文章をコピーして貼り付ける行為は、著作権侵害に当たってしまう可能性があります。他サイトからの情報に関しては「参照」や「引用」などをしっかり明記するようにしましょう。

肖像権の侵害

現在では、見逃されている部分も大きいですが、他者の写真を許可なくみだらに利用することも肖像権の侵害に当たる可能性があるので注意しましょう。

誹謗中傷や不安を与える内容のコンテンツ

 

  • 差別や誹謗中傷を助長するコンテンツ
  • 個人や集団に対しての嫌がらせや、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  • 自分や他人に対して、肉体や精神的に危害を加えることを奨励しているコンテンツ
  • 動物への残虐行為

詳しくは→引用:https://support.google.com/

他にも色々ありますが、主に、法律違反や他人を傷つける行為、不正行為を奨励する内容を含まずに健全に運営をしていれば大丈夫なのかなと思います!

薬物やアルコール、タバコに関するコンテンツ

薬物やビール、タバコを促進するようなコンテンツは禁止とされています。関与している記事全てが該当するわけではなく、薬物依存から抜けるためのリハビリについてや、禁煙を推奨するページは許可されています。

また、最近では、新型コロナウイルス感染症に関する無根拠な治療薬や治療法などのコンテンツも禁止されているので、注意しましょう。

アダルトな内容のコンテンツ

成人向けコンテンツは禁止されています。性的なテキストや動画、音声、画像、ゲームを含むコンテンツが対象となります。

アダルトコンテンツの規制は厳しく、意図した行為ではなくても、グーグルさん側にアダルトコンテンツだと判断される場合もありますので、注意しましょう。

露出の多いアニメキャラの画像や、ゲームの映像などで、警告が来てしまう場合もあります。

また、出産や産後の育児に関するサイトでは、アダルトな内容と捉えられてしまうケースもあるため、内容や用語の使い方には注意が必要です。

 

みこみこ
みこみこ
不適切なコンテンツとしては、Google広告ポリシーヘルプに詳しく記載されていますので、確認してみてくださいね!

Google広告ポリシーヘルプはこちら!

このように、禁止行為はいくつかあります。気づかずに、意図せず禁止行為をしてしまっているパターンもあります。

そのままにしていくと、ペナルティーを課される可能性がありますので、細心の注意を払って運営していきましょう。

 

プライバシーポリシーを記載

Googleアドセンスでは、「プライバシーポリシーの設置」は必須コンテンツとされています。(https://support.google.com/

プライバシーポリシーを設置する方法としては、ネット上で「プライバシーポリシー 雛形」で調べることで、雛形が出てきます。

その雛形を使い、サイト内に設置してみてくださいね!

 

運営者の情報とお問合せフォームを載せる

これは、Google側が良いサイトであるか否かを評価するポイントでもあります。身元がわかり、サイト運営者が信頼できる人であるかがわかることが重要です。

実名を記載する必要はありませんが、どんなサイト(発信分野がわかる)で、どんな実績があるのかなど、プロフィールを整え、コンタクトが取れる状態を整えていきましょう。

 

カテゴリー分けをする

 

ユーザーにとって、専門的に長けている情報提供がされていることは、価値の高い記事として認識してもらえますよね。

Googleは、信頼と価値提供ができる状態を望んでいるため、カテゴリー分けをしていることは、専門性の高さの判断材料になります。

また、カテゴリーは多ければ良いということではないことには注意が必要です。

カテゴリーを選択した際に、記事がなかったり、1記事しかないと専門性が高いサイトとは認識されにくいことが考えられます。1つのカテゴリーで3記事は用意しておくと良いかと思います!

適切なカテゴリー分けと、内容が充実しているか(専門性)を意識して運用してみてくださいね!

 

サイト・ナビゲーションがうまくできている

ナビゲーションとは、コンテンツをまとめたリンクの名前を言います。

webサイトに訪れたユーザーが、どこに何が書かれているのか分かりやすく、知りたいことや気になる情報を見つけやすくします。

リンク先へ飛んだり、戻りたい場所に戻れることなど、操作しやすいサイト作りは、ユーザーにとって利便性が高いと評価されるポイントでもあります。

【2022年最新】WordPress初期設定・プラグイン【徹底解説】

理想のコンテンツ数と文字数をクリアしよう!

これは、あくまで目安ではありますが、「1記事1000文字以上」、「5-10記事程度」を目安に記事を整えている必要があります。

Googleは、ユーザーにとって価値提供となる記事かをみているため、文字数や記事数が少ないと「内容の薄いサイト」と判断されてしまう可能性があります。

もちろん、これより少ない記事数で申請が通った事例もありますので、あくまで目安として考えていただければ良いかなと思います。

また、多ければ良いというわけではなく、記事を厳選することで審査に通過したという事例もありますので、まずは「数よりも質の良い記事」を作っていくことが大切です。

 

日記ではなく価値提供ができるサイトの構築

ここまでの話の中では、とにかくGoogleアドセンスに合格するためには「信頼できること」、「ユーザーに価値提供」できることが大切ということがわかっていただけたかなと思います。

ここで、価値提供できるサイトの構築として抑えておくべきポイントは、質の高い記事を書くことです。

前述した通り、ユーザーがサイトに訪れた際に、カテゴリー分けやサイト・ナビゲーションがしっかりしているサイトは、どこにどんな記事があるかが一目で分かり、移動しやすい状態であるので、ストレスなく記事にたどり着くことができます。

そして、ここでお話しするのは、記事を選択した際に記事のクォリティが高いことです。

質の高いオリジナル記事というのは、先ほどの著作権侵害にあたる禁止行為とも重なりますが、コピーした記事では無いことが前提となります。コピーした記事は、独自性がないと判断されてしまいます。

記事を書く際にポイントなのが、どこにでもある記事ではなく、自分の体験談などを交えながら、第三者目線で有益な情報提供ができることが大切です。

そのためには、「誰にどんな情報提供をするか」を深く考えていく必要があります。

もし、記事数や文字数はクリアしているのに審査に通らなかった場合には、パーっと自分の記事を読んだときに、「その記事を読む読者に向けて、ちゃんと価値のある情報を提供できているかな?」を見直すことも良いと思います。

 

読み手に見やすい記事である

サイトの見やすさ、記事のクォリティの次は、「記事の見やすさ」も同時に振り返ってみることをお勧めします。

記事の見やすさとしては、文字だけではなく、図や表を使用することで理解しやすい記事を作ることが大事なポイントです。

また、文字が続き過ぎてしまうと読みづらくなってしまうため、適度に行間を空けることや、読みやすいテキストを選ぶことも大切なポイントとなります。

ここまでの話をまとめると、以下のようになります。

見やすさを高める
  • しっかりカテゴリーわけがされている。
  • 動線がしっかりしていて、他のページにも移動しやすい。
  • 図や表などを使い、分かりやすい記事になっている。
  • 適切に行間などを空けて、ストレスなく読むことができる。
  • 読みやすいテキスト形式で書いてある。

 

 

以上のポイントを抑えていくことで、グッと読みやすい記事やサイトに仕上げていくことができると思います!

Googleアドセンスの合格を目指すと、第三者目線での視点や、ユーザーファーストで考える力を養うことができます。

興味関心のある情報を、適切な形で価値提供できるようになるので、サイトのアクセスを増やすことができ、サイトの成長につなげることができますので、良いことづくしだなと思います!

 

合格チェックポイントまとめ
  1. 独自ドメインの取得
  2. 規約に準拠したサイトであること
  3. 法律違反していない記事
  4. プライバシーポリシーを記載
  5. 運営者情報が記載されている
  6. カテゴリーわけがしっかりされている
  7. サイト・ナビゲーションがうまくできている
  8. 文字数が1000文字以上の記事を5〜10記事
  9. 日記ではなく人に情報を提供できる記事
  10. 読み手の見やすい記事である

 

 

審査に落ちてしまったら、どうすべきか?

不合格通知が来てしまった場合には、焦らずに対処していきましょう。ここでの注意ポイントは2つあります。

再申請のポイント
  • 原因を考える
  • 再申請は1〜2週間時間を空ける

 

不合格通知がきたら、まずやることは、原因を考えていくことです。不合格通知には、どこで引っ掛かっているのか、例としてこのように記載されています。

  • ポリシーに違反している。
  • コンテンツの量が不十分なサイトである。

 

原因がわかったら、自分のサイト内、記事内で、該当するものがどの部分か、原因を探してみましょう。ご自身で確認し、怪しい記事がある場合には、非公開にするなどで対応してみましょう。

実際に、怪しい記事を非公開にしたり、カテゴリーを整理して絞ると合格したケースもあります。

また、もしGoogleアドセンスが禁止している行為に該当する場合には、できるだけ早く対処していく必要があります。

ポリシーに違反しても、強制停止されることはなく、強制停止される7日前には警告が表示されます。放置しておくと、強制停止となってしまう可能性があるので、落ち着いて対応しましょう。

グーグルアドセンスは、手直しをしてすぐ再申請をすることができます。そのため、「落ちてもまた申請しればいいや」という状態を繰り返してしまうケースには注意が必要です。

再申請において空ける必要のある期間は明記されていませんが、何度も再申請を繰り返している場合、短時間で不合格通知が届くこともあるようです。

十分な手直しをして、しっかり時間をかけてサイトを整えてからの再申請が理想だと考えて、1〜2週間程度を目安にして、期間を空けて申請してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

  1. Googleアドセンスを理解しよう
  2. Googleアドセンスはやった方がいい?
  3. 落ちる人はどんな人?
  4. サクッと合格して収益化するコツ
  5. 審査に落ちてしまったらどうすべきか

 

結論

いかがでしたしょうか。

GoogleアドセンスはGoogle社が提供している安心のサービスなので、サイト運営をしている方には、とてもおすすめです。

審査通過という山を乗り越えれば、クリックで収益を得ることができるけど、そのためには合格が必須ということをお話ししました。

審査に落ちてしまった方や、審査を検討中の方、「絶対合格!」を目指している方に、合格の秘訣が伝わっていたら嬉しいです!

 

みこみこ
みこみこ
収益化の幅を広げて、一緒に頑張っていきましょう!

 

【2022最新版】Googleサーチコンソール 使い方 徹底解説!

 

 

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、システムエンジニアでした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

ブログで月100万以上稼ぐことに成功して

エンジニア辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、就職は東証1部企業だったものの

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

1記事50円で雇う方法全部教えちゃいます。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。
「超非常識」書かないブログ方法を見てみる!
—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA