【2022】Googleアドセンス審査通過のコツ!10記事で合格した僕が教えます。

この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元システムエンジニア 超社畜of超社畜! 一緒に働いてた、高橋リーダーにパワハラされてたエンジニア時代に「なんで俺は毎日やりたくもないエンジニアをしているんだ」と思い、在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成!当時100万収益達成。(アドセンスのみで) 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたくて、ラーメン二郎がきっと好きだと思う給料18万で頑張っているサラリーマンの方々に「ブログは自分で書いたらキツすぎっす」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化&トレンドブログ&SNS運用。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

みこみこってどんな人か見てみる!

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

みこみこ
みこみこ
はい。どうも、こんにちは。みこみこと申します。

 

今回はですね、Googleアドセンス10記事で合格した方法をご紹介出来たらなと思います。

 

やはりGoogleアドセンスというのはなかなか初心者の方にとっては厳しい審査であるということが言われています。

 

私はですね、たった10記事で合格することができましたが、私の友人やサイト運営者の方に聞くと人によっては半年かかった方もいらっしゃいますし、1年単位でかかってしまった方もいらっしゃいます。

 

ですが、しっかりとしたやり方に即していれば、合格しやすいということが、私のブログの3年間ノウハウという形でご提案できたらなと思ってお話しさせていただきます。

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスとは、Googleが提供するクリック成功報酬型の広告サービスです。

 

みこみこ
みこみこ
ブログやサイトに訪れたユーザーが広告にクリックすることで、報酬が発生する仕組みとなっています。

 

また、広告のストックが豊富で、ブログの内容や読者に興味のある広告を表示してくれるのが魅力でもあります。

 

Googleアドセンスに受かるメリット

Googleアドセンスに受かるメリットとしては、2点ございまして、1つ目としてはGoogleが定める良質なサイト良質なコンテンツかを認識できるかなんですね。

 

みこみこ
みこみこ
やはりGoogleアドセンスというのは審査が非常に厳しいものになっています。

 

Googleが認めたサイトであることが分かればSEO対策は十分されているサイトということがわかるからなんですね。

 

もしくは禁止コンテンツだったりとか、不適切コンテンツが含まれていない事の指標にもなるかなと思っております。

 

Googleアドセンスの審査する2つめのメリットとしては、報酬が気軽に受け取れるからってことですね。

 

楽天さんだったりとか、Amazonアソシエイトさんいわゆる成果報酬型のアフィリエイトというのはアクセス数が集まってから、その商品が気に入って頂ければ購入していただけるんですけども、やはりそう簡単には商品の購入はなかなかしていただけないというのが実情ではあります。

 

ですので、商品購入をするってことよりも、Googleアドセンスの魅力としましては、クリックされるだけで報酬がもらえるといったことがあります。

 

本当にクリックするだけで1回サイトを訪問された方は1回クリックしていただけるだけで1円ないしは3円高い金額だと100円といった報酬が見込まれるからです。

 

みこみこ
みこみこ
Googleアドセンスというのはかなり有益な報酬制度かなと私は考えています。

 

メリット2つ
  • Googleが定める良質なサイト、良質なコンテンツという評価をもらえる
  • 報酬が気軽に受け取れる

 

そもそもアドセンスに合格するのは難しいのか?

審査に簡単に通った

審査になかなか通らなかった・通らない

 

https://twitter.com/komu2813/status/1532498641830965248

https://twitter.com/sumire220126/status/1530012032866844673

 

みこみこ
みこみこ
やはりポイントを押さえないと簡単には審査には受からないことが分かりますね。

 

Googleアドセンス審査のための準備

1.独自ドメインが必要

 

みこみこ
みこみこ
Googleアドセンスを利用するには独自ドメインが必要となります。

 

ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。「〇〇.com」「〇〇.jp」「〇〇.net」などがあります。

 

ドメインは有料ではありますが、年間で数千円程度なので、収益化できればすぐに元を取ることが可です。

 

おすすめのドメインや取得方法については下記の記事で詳しく記載しておりますので、「やり方が分からない」「おすすめが知りたい」という方は読んでいただけると嬉しいです。

【2022最新版】WordPress完全解説!初心者必見!

 

Googleアドセンスに10記事で合格した方法10項目

 

みこみこ
みこみこ
次に、下記の10項目について詳しくお話しさせていただきます。

 

1.Googleアドセンスの規約に準する

みこみこ
みこみこ
これに関しては本サービスの利用に申し込むことによって、お客様個人によって18歳以上、なおかつ1つのアカウントを持っていただくことが規約になっています。

 

こちら一応大事な要点としましては、この2つで、18歳以上、なおかつ1つのアカウントを持っていただくことですね。

 

やはりGoogleアドセンスの場合、審査に落ちた場合もうひとつアカウントを作って申請してしまうという方がいらっしゃるという印象があります。

 

そういった時に個人情報をGoogleアドセンスが押さえているので、名前や住所が2つ以上同一のものがあれば、その方はアカウントを2つ持っているということがバレてしまうわけなんですね。

 

そうするとGoogleアドセンス規約に準拠していないことになってしまいますので、Googleアドセンスとしては審査不合格といったことで現状として考えられます。

 

 

みこみこ
みこみこ
現に、これで2つアカウントを作った方がいらっさいまして、結果的に2年くらい受からなかったらしいです。

 

 

なので、1回おそらく2つアカウントを作ってしまったりすると、Googleの方でペナルティを課されてしまって、なかなか受かりにくいといったことが原因として考えられるかなと思います。

 

みこみこ
みこみこ
Googleアドセンス規約に準拠ということで、18歳以上である方、1つのアカウントのみの申し込みを準拠とさせていただこうと思います。

 

 

  • 18歳以上であること
  • 1つのアカウントのみの申し込み

 

文字数が1000文字以上の記事を10記事書く

文字数が1000文字以上の記事を10記事書いて頂く。

 

これはあくまで目安ですけども、文字数が1000文字というのは最低限の文字数となっています。そして、それが10記事程度が必要なのかなといった印象がございます。

 

 

みこみこ
みこみこ
これはあくまで目安ですので、ある程度1000文字以上の文字数があって、なおかつ10記事程度最低限必要であるということを認識していただければ良いかなと思っています。

 

ジャンルとかカテゴリーによっては5記事でGoogleアドセンス審査に合格されたという方もいらっしゃいますし、4記事で合格された方もいらっしゃいます。

 

そして、中には30記事書いてやっと合格された方もいらっしゃいます。

 

だいたい平均取ると10記事程度と言われていますので、もし20記事程度を書いて合格されないってことであれば、1回ご自身の記事に関していろいろ見直していただいた方がいいかなと思います。

 

 

みこみこ
みこみこ
基本的に、私としては、1000文字以上で10記事あればほぼ合格すると掲げさせていただきます。

 

 

  • 1000文字以上で10記事程度が必要
  • 20記事程度書いても審査が通らなければ自身の記事を見直す

 

3.プライバシーポリシーの設置

次なんですけども、プライバシーポリシーの設置というのはどういうことかと言いますと、Googleさんが定めている必須コンテンツの内訳に相当します。

 

Google広告の必須コンテンツとしては、プライバシーポリシーが設置されているかされていないかによって、いわゆる審査が通るか通らないかということをこちら位置づけしております。

 

みこみこ
みこみこ
プライバシーポリシーが設置されていない状態でしたら、なかなか受からないというよりかは、そもそも審査の基準、最低基準を満たしていていないということで、問答無用で不合格になってしまいます。

 

プライバシーポリシーどうやって設置すればいいかということだと思うんですけども、実はプライバシーポリシーというのは雛形がありまして、それに関しては私は手元に持っていますし、Googleのインターネット上でも「プライバシーポリシー雛形」と調べて頂ければ出てきます。

 

 

みこみこ
みこみこ
面倒だという方は私のLINEに「プライバシーポリシーの設置が欲しい」と言ってくだされば雛形を送りますので、よろしければLINEを追加しておいてください。

 

 

  • Googleが定める必須コンテンツ
  • 雛形がある

 

4.コンテンツの内容

 

みこみこ
みこみこ
次はコンテンツの内容についてお話しさせていただきます。

Googleアドセンスが定める禁止コンテンツというのがございます。それがこの上記5つになります。

 

・アダルトコンテンツ

いわゆる成人向けのコンテンツは禁止とされています。

過去に私が、トレンドブログのサイトでゴシップ系の記事を扱っていたのですが、その時に、芸能人の水着に関する言及を第三者視点で書いた記事が、それがアダルトコンテンツという形でみなされてしまいました。

 

特に水着といっても、「セクシー」といった表現だけだったのですが、この表現だけでアウトになったことがあったので、なかなかアダルトコンテンツというのは、Googleさんの気分とかアルゴリズムの問題規制されることもありますので、それがすぐにダメってことではなくて、場合によってはダメってことを一応お話しさせていただこうかなと思っています。

 

・誹謗中傷コンテンツ

個人集団組織を誹謗中傷するコンテンツということで、こういった誹謗中傷になるコンテンツは名誉棄損になったりとか、第三者に不快感を与えるということで、禁止されているんですね。

 

ですので、こういった個人集団組織を誹謗中傷するコンテンツというのは禁止コンテンツという形で定められております。

 

・著作権違反コンテンツ

他社の著作権で保護されているコンテンツですね。これは言うまでもないとは思いますけども、法律としても違反ですよね。著作権法違反に引っ掛かりますので、こちらは禁止とされております。

 

・薬物やアルコール、たばこに関連したコンテンツ

こういったコンテンツをGoogleさんが認めてしまうとですね、薬物やアルコール、たばこを推奨している会社であるとGoogleさんが認識されてしまうので、ですからこういった規制が厳しくなっています。

 

・ショックや不快感を与えるコンテンツ

ユーザーにショックや不快感を与えるコンテンツ。これは非常に大雑把な内容なんですが、いわゆるグロテスクな画像表現だったりとか、誹謗中傷するようなコンテンツなどが定められています。

 

これはGoogleさんの規約は日々変わっていくので、急にこれが禁止コンテンツになりましたってことも考えられます。

 

みこみこ
みこみこ
こういった5つのコンテンツを含んでいると、場合によっては、剥奪される可能性もあります。

 

このサイトに関しての規制というのがどんどん厳しくなってきて最終的には剥奪されたという方もサイトの中にはいらっしゃいますので、厳しくならないように、まず初めにこういった5つのコンテンツに関してはなるべくGoogleアドセンスに受かった後も、書かないという方針が良いのかなと思います。

 

5.日記ではなく、情報を提供できるような記事

いわゆる独自性ユーザーファーストと言われる観点なんですけども、Googleさんとしては記事に関して、第三者に有益なコンテンツであることを証明する必要性があります。

 

個人の主観で書いた日記とかそういったものではなくて、もし日記であれば日記を用いてこういった気づきがあって、第三者視点にいわゆる有益な情報を届けられるような形で書く必要性があると言われています。

 

みこみこ
みこみこ
これが独自性やユーザーファーストと言われている観点です。

 

ですので、人に情報をしっかりと提供できるようなサイトというのを心がけた方がいいかなと考えています。

 

過去に私のアドセンスが受かったときの記事の内容としましては、いわゆる恋愛系のカテゴリーで記事作成しておりました。

 

それで1回落ちてしまったことがあります。そこで原因を探ったら、ありきたいりの恋愛のコンテンツを書くのではなくて、そのコンテンツが誰に向けて何を提供しているかということを、独自性があれば受かることが後で判明しました。

 

また、恋愛コンテンツに関して言うならば、例えばですけども、出会いが無い男性の方々に対するモテるための秘訣みたいな形提案させていただいたところですね、合格したことがございます。

 

もちろんこれはあくまで一例になっていて、合格するための記事だったので、特にそのコンテンツのノウハウに関しては正直に申し上げると私のノウハウでは無いのですが、ただ、そういった形でGoogleアドセンスを合格したという経緯がございます。

 

ですので、やはり誰に対して何を提案するかという独自性やユーザーファーストというのは、大事になってくるかなと思います。

 

  • 独自性やユーザーファーストであるか
  • 第三者に有益なコンテンツ

 

 

6.カテゴリー分けがしっかりしているか

みこみこ
みこみこ
一応カテゴリー分けする必要性があります。

 

みこみこ
みこみこ
カテゴリー分けされていることはGoogleにとって良いサイトであるという基準になっています。

 

例えば心理とかっていうカテゴリーがありまして、その心理というカテゴリーを押したら何も記事がないということでしたら、無駄なカテゴリー分けをしているということで、審査に落ちる可能性もありますので、できれば3記事4記事以上あるカテゴリーを作っていただく必要性があるかなと思います。

 

7.運営者情報が記載されているか

Googleの規約に基づいていまして、身元が判明しなければいけないということでGoogleの規約に定められています。

 

みこみこ
みこみこ
ですので、運営者情報に関して、記載していただく必要性がございます。

 

その際に私のサイトの下の方の記載なんですけども、運営者情報というナビゲーションマップがありまして、運営者情報という形で、運営者何々事務局ですとメールアドレスを書いていただいて、「お問い合わせに関しては上記のメールアドレスにお願いします」という形で書いております。

 

または、「最後にコンタクト方法を設けておりますので、こちらからお問い合わせください」という形で記載させていただいています。

 

みこみこ
みこみこ
つまり、こういった形で身元の判明している、そしてお問い合わせ先があるということが、大事かなと考えています。

 

これは身元があるかないかによってですね、Googleの方で良いサイトであるのかよくないサイトであるのかの指標になりますので、それは配慮していただいた方がいいのかなと思います。

 

  • 運営者情報の記載
  • 問い合わせ先の明記

 

8.読み手の見やすい記事であるか

例えば、文字だけでなく図や表だったりということが用いられているか用いられてないかが、非常に大事な指標になってきます。

 

 

みこみこ
みこみこ
なぜかというとGoogleが認めているサイトというのはユーザーファーストが非常に大事だと言われています。

 

ただ、文字をつらつら並べたような記事ではなくて、文字だけでなくて、図解や表も入ったようなコンテンツというのがGoogleとって良いサイトであることの指標になっています。

 

  • 図や表を用いる
  • ユーザーファーストの見やすい記事

 

9.コピーコンテンツでない記事

これは純粋にコピーコンテンツというのが、そもそも著作権法違反でありますし、なおかつGoogleさんにおいて独自性がない記事であるということの認識になってしまいます。

 

みこみこ
みこみこ
コピーコンテンツでない記事というのは、大事な方針かなと私は考えています。

 

 

私の友人は何人かこれで落ちた方がいらっしゃしまして、調べた結果どこかWikipediaさんとかの文字をもじっただけだったことが判明して、いわゆる独自性がない故に著作権違反でなおかつ場合によってはコピーされた側がこれは悪質なブログであると判断された場合でしたら、GoogleにDMCA(デジタルミレニアム著作権法違反診断)に提出される可能性があります。

 

そうすると、損害賠償請求が見込まれる可能性がありますので、著作権に関しては厳重にしていただければいいかなと考えています。

 

現にこういった著作権法違反で損害賠償請求された法人さんもいらっしゃいますので、こちらの方はコピペしないって形で注意していただければいいかなと思います。

 

  • Wikipediaなどのコピペではないこと
  • 独自性の記事であること

 

10.法律違反しない記事を作成する著作権・肖像権・名誉棄

もし、他のサイトに関してこの文章がいいなと思った場合、ちょっと借りたいなという場合にどうすればいいかという事につきましてはそれが最後10つめのですね、法律違反しない記事を作成する著作権・肖像権・名誉棄損ということで、こちらがいわゆる記事作成における法律違反です。

著作権

みこみこ
みこみこ
最初に著作権について説明させていただきます。

 

先程も申し上げたコピーコンテンツなんですが、こちらは他の著作物をみだらに利用してはいけないということが著作権法で定められています。

 

その際に他のサイトの文章が良い、こういった表現を使いたい場合どうすれば良いかといいますと、「他のサイトから借りてきました」ということで出典引用を明記していただくんですね。

 

そうすることで、著作権法違反ではなく、リンクという形で認識していただけます。

こちらは法律違反にならないという認識で問題ありません。

 

肖像権

ですが、一応、著作権の次に肖像権というのがありまして、こちらは一般人や有名人の写真をみだらに利用してはいけないということがあります。

 

Webサイトとかで芸能人の画像を使っているサイトっていくつかあると思うんですけど、正直言いますとそれは肖像権違反になるんですね。

 

みこみこ
みこみこ
本来であれば違法行為ではあります。

 

 

ですが、1人1人取り締まれない状態になっていますので、現状としては見過ごされているといったことがあります。

 

画像とかに関しては基本的には法律違反であるということと、Googleアドセンス的にも落とされることがございます。

 

ですが、芸能人の画像に関しては不特定多数の人が使っていらっしゃいますので、もしそういったゴシップ系を扱いたいということでありましたら、なるべくGoogleアドセンスに合格された後の方が望ましいと思います。

 

やはり受かる前に違反してしまうと、受かるものも受からない形になってしまいますので、もし、そうされるのであれば、受かられた後の方が良いのかなと思います。

 

名誉棄損

みこみこ
みこみこ
これは不特定事項の誹謗中傷や噂程度の話を記事で書かない方がいいと言われております。

 

みこみこ
みこみこ
現に、こういった誹謗中傷で名誉棄損ということで裁判を起こされた事例もあります。

 

ですので、Googleアドセンスとしては望ましくないといった指標を掲げているのかなと考えております。

 

これはGoogleのポリシーにも記載はされていますので、法律違反した記事ってことで著作権・肖像権・名誉棄損に関しては、しっかり押さえていただければと思います。

 

  • 主に著作権・肖像権・名誉棄損
  • よく使われている漫画やアニメ、芸能人の画像は基本的にはアウト

 

まとめ

以上ですね、こちらGoogleアドセンスの10記事で合格する方法ということでご紹介させていただきました。

  • Googleアドセンスに受かるメリット
  • そもそもアドセンスに合格するのは難しいのか?
  •  審査に簡単に通った
  • 審査になかなか通らなかった・通らない
  • Googleアドセンスに10記事で合格した方法10項目
  •  1.Googleアドセンスの規約に準する
  •  文字数が1000文字以上の記事を10記事書く
  •  3.プライバシーポリシーの設置
  •  4.コンテンツの内容
  •  ・アダルトコンテンツ
  •  ・誹謗中傷コンテンツ
  •  ・著作権違反コンテンツ
  •  ・薬物やアルコール、たばこに関連したコンテンツ
  •  ・ショックや不快感を与えるコンテンツ
  •  5.日記ではなく、情報を提供できるような記事
  •  6.カテゴリー分けがしっかりしているか
  •  7.運営者情報が記載されているか
  •  8.読み手の見やすい記事であるか
  •  9.コピーコンテンツでない記事
  •  10.法律違反しない記事を作成する著作権・肖像権・名誉棄
  •  著作権
  •  肖像権
  • 名誉棄損

 

もちろん10記事で合格するというのはカテゴリーによっては難しいといったこともございます。

ですが、しっかりと取り組んでいただければ、合格していただいてそしてサイト運営ができるかなと私は考えています。

 

Googleアドセンスに関してはご自身の力でやりたくないという事でありましたら、ココナラさんといったGoogleアドセンスの合格を補助しているプラットフォームがありますので、そちらを利用されてもいいのかなと考えています。

 

一応、補足なんですけども、Googleアドセンスさんは稼げないということが結構言われています。

トレンドサイトに応じては、Googleアドセンスだけで月100万という方もザラにいらっしゃいます。

 

ですので、Googleアドセンスで稼げないと思うとは思いますが、極めれば月100万という道私は達成しておりますので、全然できない壁ではないのかなと考えています。

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

なお、こちらの記事につきましては下記の動画でもご覧いただけますので、よろしければご覧ください。

疑問等がございましたら、コメントいただければ時間お手すきの時に返信させていただきます。

 

【2022最新版】Googleサーチコンソール 使い方 徹底解説!

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、システムエンジニアでした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

ブログで月100万以上稼ぐことに成功して

エンジニア辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、就職は東証1部企業だったものの

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

1記事50円で雇う方法全部教えちゃいます。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。
「超非常識」書かないブログ方法を見てみる!
—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA