【実話】初心者が半年で動画編集月50万円達成する方法【外注化】

この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&コンサル、外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元IT系サラリーマン 社畜の中の社畜! 上司に気に入られずパワハラされてた社畜時代に「くっそこいつら絶対見返してやる!ブログかくぞおお稼ぐぞおおお」精神で在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成! 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたい手取給料18万で頑張っているサラリーマンに「ブログは自分で書いたらオワコン」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

どうもこんにちは!みこみこです!

 

今回はクラウドワークスで、動画編集で不労収入で月50万円を達成する方法をご紹介します。

 

動画編集者といえば、動画編集をしてお金を稼ぐというイメージですよね。

 

日々の編集作業やテロップ作業だったりというのが主流だというイメージが強いと思います。

 

今回私がご紹介する方法は不労収入で月50万円達成するという、常識破りの方法になっています。

 

しかし、この方法は実際に実現した方がいらっしゃって、再現性の高い方法なのでぜひみなさんにもご紹介できればと思います。

 

①クラウドワークスの営業文を考える

 

まず1つ目は、クラウドワークスでの営業文をしっかりと考えることです。

 

みこみこ
みこみこ
これはめちゃくちゃ大事なことです。

 

私も営業文を書いていた時、初めは自分の主張ばかり書いていてなかなか取り合ってもらえないということが何度もありました。

 

みこみこ
みこみこ
正しい方法でめげずに取り組むということが非常に大切です。

 

こちらによくある営業文の悪い例をご紹介します。

 

営業分の悪い例

【自己紹介】
みこみこといいます。
茨城出身、東京都在住の29歳です。
性格は、頑張り屋で好奇心旺盛です。
現在は、個人事業主をしています。

【職務経験・実績・スキル】
現在は個人事業主:業務提携で事務等をしています。
最近動画編集を始めいずれは、こちらをメインに活動していきたいと思います。
ニーズを汲み取って満足していただけるように頑張りますので何かあればご指摘ください。

 

一見普通の提案文になっていますが、実はアウトです。

 

理由は、相手目線になっていないからです

 

相手が私を雇うことによってどのような利益があるのかの記載がされている必要があります。

 

みこみこ
みこみこ
では具体的にはどうすればいいのでしょうか?

 

営業分を書く際のポイント
  • FAB分析をしっかりと行う
  • 共感を織り交ぜて書く

 

まず大前提としては、お客様に訴求したり営業をする際にはF A B分析といった形に基づいて話すと良いと言われています。

 

FAB分析とは、FはFeature(特徴)AはAdvantage(優位性)BはBenefit(顧客便益)、これらを加味して考える必要があるということです。

 

みこみこ
みこみこ
ちなみに、こちらにEのEvidence(証拠)を付け加えたF A B E分析というものもあります。

 

例えば、カップルで夏休みの旅行先を考える時に、自分はどうしても北海道に行きたい!と彼女を説得しようと考えます。

 

みこみこ
みこみこ
このようなシチュエーションこそF A B分析の出番です!!

 

北海道のF、特徴は「寒い」。これだけでは全然説得力がありません。次に北海道のA、優位性は、「夏は涼しい」。これだけでもまだ「だから何?」と言われてしまうでしょう。

 

そこでB、顧客便益、つまりここでいう彼女にとってのメリットを考えます。

 

彼女は海鮮が好き、いつもお化粧にこだわっているということから、「彼女の大好きな海鮮が食べられる」「涼しいので化粧崩れぜず、綺麗に写真に写れるよ!」というメリットを考えます。

 

これによって、「それなら北海道でもいいかもなあ」と彼女に思ってもらうことができますね。

 

みこみこ
みこみこ
世の男性諸君はぜひ参考にしてみて下さい!もちろん男女関係なくいろんなシチュエーションで使える方法です!!

 

F A B分析においてBの分析をしっかり考えることが非常に大切なポイントになります

 

そして本題に戻りますと、これらをしっかりと提案文にも織り込んであげることで、自分の価値が高まり、案件の獲得に繋がるということになります。

 

そしてこのF A B分析の後に、共感文を入れてあげることがめちゃくちゃ大事です!

 

人間はこの共感で物事が動くと言われています。

 

みこみこ
みこみこ
共感することで感情が動き、論理で物事を判断すると言われていますね。

 

なので、まずお客様に見てもらう営業文には共感を織り交ぜて、なおかつFABのBの部分に着目した文章を書いていただくことが大事です。

 

ではここで、実際に月50万円達成した方の例文の一つをお見せします。

 

月に50万円達成した方の営業文の例

現在私は、youtube編集をさせていただいている。
××です。
今回私の編集技術とYoutube運営ノウハウがお役に立てると思いご連絡させて頂きました。
以下編集観点からのご提案をさせていただこうと考えております。

最後に私の実績・プロフィール・使用ツールを記入させていただいております。

○○様の星5のみしかない評価が前例がなく、
恐らくユーザー様から絶大な評価を得ている動画作成者様だとうかがえます。

チャンネルは~
大学生に対するアプローチが素晴らしく、
また見たくなるような構成となっております。

ですが、もっと大学生向けに対して
「出演者」にもっとベクトルを向けてもらうように、
「映像構成」を目が向けられてしまわないようにしていきたいと
考えております。

etc,,,,,,,,,,,,,

 

あくまで自分の自己紹介は最後にみてくださいという程度に書くこと。

 

そして提案部分では、「ユーザー様から絶大な評価を得ている動画作成者様だとうかがえます」と書いてみます。

 

ここでお客様は、「あ、××さんはうちのコンテンツのこと良くみてくれているんだな」という共感を得ることができます。

 

そしてお客様に対するB、ベネフィットの部分では、「大学生に対するアプローチが素晴らしく、
また見たくなるような構成となっております。」とまずは与えるベネフィットに対する前置きをします。

 

そして「貴社のチャンネルの映像構成は素晴らしいのですが、もっと出演者にベクトルを向けて出演者が際立つような編集をしていきたいと考えています」という提案をします。

 

みこみこ
みこみこ
こうすることで、お客様から「この人よく見てくれているし、ちょうど考えていたことを提案してくれている」ということで、共感からベネフィットを得てもらうことができ、「じゃあ、お任せしてみようかな」と思ってもらうことができます。

 

このようにF A B分析のBと、共感を織り交ぜた提案文を入れることが非常に大切です。

 

 

クラウドワークスでの営業文についてはこちらの記事でも説明しているのでどうぞこちらも参考にしてください。

クラウドワークスは73万人3人しか稼げない!稼ぐライターになるには?

 

②大型のYouTuberや大手企業での案件を取得する

 

動画編集の仕事を得る際には、2次請け、3次請けと段階がありますが、ゆくゆくは大元の依頼主にたどり着く必要があります。

 

理由としては、やはり2次請けや3次請けから仕事をもらうと、その分の手数料が天引きされてしまうからです。ですので、最終的には直営業をかける必要性があります。

 

みこみこ
みこみこ
もしくは大型の企業に対して直で契約をとる形を取りましょう。

 

クラウドワークスを通じて直に契約が取れたり、もしくは個人でYouTube直営業で契約が取れた場合、だいたい月20万円の収入に達することができます。

 

みこみこ
みこみこ
ここからが非常に難しいんです!!

 

案件の単価が50万円や100万円であれば良いのですが、現実ではそういった高単価案件は一部のインフルエンサー動画クリエイターにしかほとんど舞い降りてこない案件です。

 

無名の動画編集者では月に20万円を稼ぐところまでいけたとしても、月に50万円の収入を得ようと思うとかなり難しい話になってしまうというです。

 

外注化物語⑥~外注を雇うメリット&デメリット大公開~

 

③取ってきた案件を外注で回していく

 

ではいったいどうすれば一般の無名の動画編集者でも月50万円も稼ぐことができるのでしょうか?

 

ここで重要なポイントは外注化という考えができるかどうかということです。

 

みこみこ
みこみこ
この外注化という考えを使って頂かないことには、無名で動画編集の稼ぎで生活していくにはとても厳しいです。

 

外注化というのは図に表すとこのようなシステムになっています。

 

 

いわゆる自分が冒頭にいて、その下に編集者が何人かいるという形になります。

 

これが第一形態になります。

 

「編集を全部任せてしまったら十分なお金が取れなくなるんじゃ・・・」と心配されるかもしれません。

 

みこみこ
みこみこ
ここでのポイントは編集者には初心者でスキルを求めていたり、まだ実績がないので実績を求めているような人を採用するということです。

 

実は、初心者でスキルを求めていたり、まだ実績がないので実績を求めているような人であれば1動画100円でもやっていただくことができるのです。

 

こちらの仕組みとしては、1動画100円で動画編集をしていただく代わりに、動画編集のスキルやノウハウを教えてあげたり、動画を作成してもらうことであなたの実績を作りますという形をとって、動画編集に携わってもらうように組織化をしていきます。

 

みこみこ
みこみこ
普通に外注を依頼すると何十万円とかかるので、こちらとしてもかなりお得で、相手にとってもメリットがあるのでwinwinな関係です

 

④最終的にはディレクションに回る

 

最終的には、自分はディレクション(運営)側に回り動画編集は編集者にしてもらうという形になります。

 

その間にどんどん募集をかけて、自分の下に数人のディレクター、そのさらに下に編集者という形で自分はあくまで組織のトップになる形の組織構造をとっていきます。

 

 

このように、自分は何もしなくても、ディレクションがいて編集者がいるという形で動画編集がサクサクと進んでいくようになります。

 

みこみこ
みこみこ
この方法はかなり実用的で、実際にこの方法で月に50万円や100万円を達成したという人がいますので、かなり実現性の高いノウハウです。

 

もちろん、外注化ということで1動画100円などでやっていただくので、しっかりとノウハウを教えてあげましょう。

 

そしてお互いに良い関係性で仕事ができていれば、いずれはビジネスパートナーとしてしっかり業務提携をしてそれなりの報酬をしっかりと支払うのも良いでしょう。

 

お互いに一生のビジネスパートナーになることも考えられますので、winwinな関係を築き上げることができるというのもメリットです。

 

まとめ

 

今回のご紹介した動画編集で月50万円の不労収入を得るためのポイントは以下の4つです。

 

  • クラウドワークスの営業文は共感とFABのBを織り込んでしっかり考える
  • ゆくゆくは大型のYouTuberや大手企業での案件を取得する必要がある
  • 取ってきた案件を外注で回していく
  • 最終的にはディレクション側に回り不労収入を得る

 

みこみこ
みこみこ
実際に月50万円達成した方も、最初はなかなか案件が取れなかったり、実績もなかなか作れず上手くいかない時期もあったようです。ですが、その方も実績ができて営業文もしっかり考えてかけるようになってから、どんどん年収は上がっていきました。

 

実際にベンチャー企業などの動画編集の会社でも、他の会社を雇って編集を依頼したりしているので、外注化の概念というのは法人でも使われているような方法です。

 

みこみこ
みこみこ
今や、「映像編集者」というワードはGoogleのトレンドにも上がっていて、今後も上がり続けると予想される、非常に需要のある産業です。

 

今回ご紹介した方法なら、自動的に脱サラすることができたり、副業で何十万円と稼ぐこともできるようになります。

 

ぜひみなさんにも、動画編集の不労収入で稼げるようになってみてはいかがでしょうか。

 

今回ご紹介した外注化についてのノウハウのお話をこちらのメルマガでも配信しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

メールマガジン案内

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、元IT系サラリーマンの鬱病患者でした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

月100万以上稼ぐことに成功して

サラリーマン辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、大学院は中退

もちろん高校でも大学でも、ずっと下から10番以内の頭の出来でした。

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)