会社員の営業職がキツい10の理由と向いている人の5つの特徴

この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&コンサル、外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元IT系サラリーマン 社畜の中の社畜! 上司に気に入られずパワハラされてた社畜時代に「くっそこいつら絶対見返してやる!ブログかくぞおお稼ぐぞおおお」精神で在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成! 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたい手取給料18万で頑張っているサラリーマンに「ブログは自分で書いたらオワコン」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

先日営業職の友人と話していたとき、仕事はどう?と聞くと、

 

「やばいよ・・・鬱になりそうなくらい体も心もまじでキツい。」と言っていました。

 

たしかに、営業ってすごく大変なイメージありますよね。

 

なんなら他の職種より基本給が高いこともあるので、やっぱりその分大変な職種ということなのでしょう。

 

せっかくなので、実際にどんな仕事をしていてどんなことが辛いのか、聞いたことを元にまとめてみました!

 

営業職ってどんなことをしているの?

みこみこ
みこみこ

営業マンにも色々な種類があると思いますが、どんなものがあるんでしょうか?

 

営業マンと一口に言っても、営業する相手や対象、営業の方法や手段などは会社や商品によって変わります。過去いろんな方法を試してきましたが、どの営業にもそれぞれの大変さがあります。

営業職O
営業職O

 

営業職が行う営業の種類は主にこちら!

 

  • BtoC営業
  • BtoB営業
  • ルート営業
  • 新規開拓営業
  • 飛込営業
  • 訪問営業
  • テレアポ営業
  • DM・メルマガ営業
  • セミナー営業
  • プレゼン営業

 

BtoC営業

 

BtoC営業のBtoCは、Business to Costomerのことです!

 

つまり、企業が一般消費者に対して行う営業です。

 

家庭に訪問したり、デパートで声をかけて販売したりする方法はメジャーです。

 

みこみこ
みこみこ
よく家にくる新聞や保険の訪問販売は、BtoC営業をしている人たちですね。

 

家に突然訪問してくる営業マンは苦手でしたが、自分が営業を始めてからせめて丁寧に対応しようと思うようになりました。営業マンあるあるだと思います!
営業職O
営業職O

 

BtoB営業

 

BtoB営業のBtoBは、Business to Businessのことです!

 

営業をかける相手が、法人企業や団体、個人事業主などの相手も何かしらのビジネスを営んでいる人になります。

 

自社の商品を単に気に入ってもらうだけではなく、購入してもらうことで、相手の商品が最終的な消費者に購入してえるというところまで配慮をした営業が必要です。

 

私は、美容サロンを相手に化粧品などを販売する営業をしていたので、BtoB営業をしていたことになります。相手も大切な顧客があってのことなので、業界のことや専門的な知識を含めて伝えることを求められました。

営業職O
営業職O

 

ルート営業 

 

ルート営業は、既存の顧客(すでに商品購入や契約をしている顧客)に対して営業を行うことです。

 

すでに契約済みなので、比較的気楽に営業できると思われがちですが、今後も継続してもらうためにとても重要な仕事であり、より多く購入してもらうための営業技術が問われます。

 

私もルート営業をすることがありますが、今よりも売り上げをあげるということは、取引相手のお店の売り上げがどうやったら上げるのかという角度から話をしてみたり、意外と巧妙な営業トークが必要です。

営業職O
営業職O

 

新規開拓営業 

 

新規開拓営業は、未開拓の顧客(商品未購入または未契約の顧客)に対して営業を行うことです。

 

どの企業にとっても、この新規開拓営業は業績を維持・向上するために必要不可欠な仕事内容なので、プレッシャーも大きくかかります

 

毎月の新規契約数ノルマの達成率に関してはとても厳しく指導されています。個人的には運も大きく影響すると思っていますが、人によってノルマ達成率が違うのをみると、営業は技術職に近いものを感じます。スキルも根性も必要です・・・。

営業職O
営業職O

 

飛び込み営業 

 

飛び込み営業は、主に新規開拓営業で行われる方法で、アポイントを取らずに突然訪問して話を聞いてもらう営業方法です。

 

1日に何件も訪問するので移動による身体への負担も大きく、突然訪問するので断られることも多く、精神的にもツライです

 

初めて飛び込み営業に出かけた時は、お店に入るのも怖くて近くを行ったり来たり30分時間以上はうろうろしていました。一度入ってしまえば慣れますが、体力も精神も削られるので一番嫌いな業務でした。

営業職O
営業職O

 

訪問営業 

 

訪問営業は、主に既存営業で行われる営業方法で、あらかじめアポイントを取った上で訪問し、話をする営業方法です。

 

アポも取ってあるし、既に契約済みのお客様だし、比較的緊張せずに訪問できるので一番楽しくて好きな時間でした!その中でももっと買ってもらわないと、というプレシャーはありますが・・・。

営業職O
営業職O

 

テレアポ営業 

 

テレアポ営業は、新規・既存問わず、直接訪問して営業をするのではなく電話をかけて商品を紹介し、相手に興味があるようであれば訪問するという営業方法です。

 

一件ずつ回るよりも効率が良く聞こえますが、成功率が低くとても難しい営業方法です

 

みこみこ
みこみこ
たまに電話でインターネット回線についての営業電話がかかってくるやつですね。

 

ウザがられる頻度も倍増するので、心にぐさっと来ます。次第に心が無になるゾーンがありますが、心が無の営業なんて何にも伝わらないので残念です。

営業職O
営業職O

 

DM・メルマガ営業

 

DM・メルマガ営業は、新規・既存問わず、DMやメールで商品紹介や新商品のPRを行ったりすることで商品購入を促す営業方法です。

 

地味で、スルーされることも多いので成功率はこちらも高くはないですが、直接会話をしないのでウザがられることもないです。

 

ただ伝えたいことが伝わりにくいので、相当な数当たる必要があります。

 

セミナー

 

セミナー営業は、飛び込み営業やテレアポ営業などでセミナー告知をして人を集め、1対多数に向けて話をする営業方法の一つです。

 

興味がある人に気軽に来てもらえて、直接まとまった時間をもらえるので話も伝わりやすいが、一人一人にクロージングをかけられないというデメリットもあります。

 

複数人の前で話をするので、めーっちゃ緊張します!会話形式ではないので、何人の人が契約に繋がるのかは完全に自分の話術次第というプレッシャーがやばいです。

営業職O
営業職O

 

プレゼン

 

プレゼンは、飛び込み営業やテレアポ営業をして獲得した見込み客(興味を持ってくれた顧客になってくれそうな人)に、1対1でプレゼンテーションを行って、会話をしながら契約をしてもらうことを目的にした営業手段です。

 

会話をするので、相手から言葉を引き出す駆け引きも重要です。

 

実は複数人を相手にするよりもプレッシャーを感じて緊張します。

 

私は主にプレゼンをしてクロージング(契約をするかどうか決めてもらうこと)までをする営業方法をしていました。オーナーさんと直接話をする時はとにかく舐められないように必死でした。

営業職O
営業職O

 

 

みこみこ
みこみこ
なるほど、思ったよりもいろんな営業方法があるんですね。

私は美容サロン相手のBtoB営業で、新規・ルート両方の営業を飛び込みや訪問営業をメインに行っていました。そこで月1のセミナーや個別対応希望の方にプレゼンという形で契約を取っていました。

営業職O
営業職O

 

営業職がキツい10の理由

みこみこ
みこみこ
どんな仕事をしているのかはなんとなくわかりましたが、キツいと思ってしまう理由が知りたいですよね

 

営業職だからこそ感じるキツい理由を10個にまとめてみました。

 

  1. 残業が多い
  2. ノルマがキツい
  3. プレッシャーが大きい
  4. コミュ力が試される
  5. 会社と営業先との板挟みにあう
  6. 商品に自信がなくなる
  7. 努力≠結果ではない
  8. 接待がある
  9. 社内での肩身の狭さ
  10. 実質休みがない

 

①残業が多い

 

一つ目の理由は、大定番ですが残業が多いことです。

 

基本的には残業はすればするほど残業代がもらえますが、営業職は「みなし残業」と言って2〜4万円程度の固定残業代になることが多いです。

 

みなし残業とは

みなし残業とは給与にあらかじめ残業代が加算されたシステム

企業は従業員が規定労働時間を超えて働いていた場合、労働基準法によってその分の残業代を支払う義務があります。通常、残業代は残業時間を元にして、基本給を時給換算した金額が支払われます。一方、給与にあらかじめ、残業代が加算されているシステムが「みなし残業」です。みなし残業は固定残業代、定額残業代とも呼ばれており、実際に多くの企業で実施されています。

出典:https://www.robertwalters.co.jp/

 

ちなみに、1日の平均残業時間1.79時間。一ヶ月にすると、約35.8時間残業して数万円の固定残業代は確かにキツい。

 

出典:https://sth.bell-face.com/

 

私の残業時間も一月40時間近くありましたが、みなし残業代は営業手当として2万円だけでした。
営業職O
営業職O

 

②ノルマがキツい

 

営業職はノルマをこなしてなんぼという職業なので、当然ノルマは厳しいです。

 

営業職が辛い理由のトップでもあります。

 

出典:https://nichirou.com/

 

達成できなければ上司から責められたり、より大きなプレッシャーをかけられたりするためノルマがキツいと感じてしまいます。

 

それまでずっとノルマを達成していても、たった一回ノルマ達成できなかったら「どうして達成できなかったんだ?」「原因は何で?」「来月はどうしたら良くなるか考えて」と詰められました。どうして達成できなかったかなんて私が聞きたいわ!と心で叫んでいましたね
営業職O
営業職O

 

③プレッシャーが大きい

 

営業マンが、契約を取ってきて初めて会社の売り上げが上がります。

 

そのため、会社から営業部にかけられるプレッシャーは特別に大きいです。

 

前年度の成績を下回った人がいたら営業部全員ボーナスなしになるかもという噂が回って脅されることもありました。は?なんで?と思いながらも、みんな必死に追い込んでいましたね・・・
営業職O
営業職O

 

④コミュ力が試される

 

営業マンは人と関わる職業なので、コミュニケーション能力が問われます。

 

普段の友人関係からコミュ力があると思っていても、ビジネスのコミュニケーションとなると難しくて思ったようにいかず、落ち込むことも多いでしょう。

 

頑張ってコミュニケーションを取って仲良くなっても売り上げに繋がらないと意味がないので、仲良く慣れてもどうやったら買ってくれるんだろう?と悩むことも多いです。
営業職O
営業職O

 

⑤会社と営業先との板挟みにあう

 

営業マンは会社を代表して顧客とコミュニケーションを取るため、クレームや要望などは全て直接営業マンに伝えられますが、会社からは対応できないと言われることがあります。

 

板挟みにあって責められてしまうと、「なんで自分が・・・」と思ってしまい本当にキツいです。

 

私が実際にあったのは、基本的に返品不可としていた商品が思っていたものと違ったので未開封のものだけでも返品したいとの希望がありました。私個人としては特別に対応してあげたかったのですが、会社からは返品できない決まりなのでの一点張り。お客様は不機嫌になり、会社からは怒られてしまい、いつか絶対やめてやる!!と心底思いましたね
営業職O
営業職O

 

⑦努力≠結果ではない

出典:http://www.eigyoukun.com

 

「努力は裏切らない」「頑張れば結果はついてくる」というのは、営業職の辞書にはございません。

 

たくさん営業をすればするほど、少しくらいは契約数が伸びるものでは・・・?と思いますよね。

 

違うんです。どれだけの数をこなしても、契約数が比例すらしない。なんてことが平気で怒ってしまうのが、営業職です。

 

営業部1年目の頃、100件回っても1件も契約が取れず、次の月には200件回ったけどそれでも1件も契約が取れなかったことがあり、どうしていいかわからずに絶望していました。
営業職O
営業職O

 

⑧接待がある

 

営業マンは接待をする機会も多いです。

 

取引先の人との食事会やパーティーに社員の代表で呼ばれるのは営業担当です。

 

中には一緒にゴルフやジムに行ったりする人も。最低でも週に1回以上の接待をしている人が多いです。

 

出典:https://prtimes.jp/

 

接待は正直めんどくさいし、仕事終わってからも気を使って体力も気力もプライベートの時間も削られるので嫌いです。
営業職O
営業職O

 

⑨社内での肩身の狭さ

 

営業職は外交のある職種なので社内でも比較的華やかそうに見えます。営業マンの契約あっての売り上げなので立場も強そうに見えますが、そうではないことも。

 

私の職場では、ちょっとした変更点や特別対応は営業マンから各部署にお願いしなければいけなくて、顔色を伺ってお願いしたり営業活動も忙しい中なぜかオフィスにいると時間があると思われて手伝わされたり等、いつも気を使っていて肩身が狭かったです。

営業職O
営業職O

 

⑩実質休みがない

 

営業マンのほとんどは、営業用の携帯電話を持っています。

 

その携帯電話はもちろん休みの日も持ち歩いて電話がかかれば対応しなければいけません

 

休日にも、商品に関する問い合わせが来たり、旅行先にも持っていってメールや着信のチェックをしていました。
営業職O
営業職O

 

みこみこ
みこみこ
なるほど・・・ノルマのプレッシャーや、成果が伴わないこと休みの日も対応しないといけないなんて、考えただけでキツいですね。

会社員の営業職はキツいってほんとう?経験者が語るリアルな実態!

 

会社員の営業職に向いている人の5つの特徴

かなりキツい営業職ですが、向き不向きはあるのでしょうか?

 

営業職に向いている人の特徴をまとめました!

 

  1. メンタルが強い
  2. 高度なコミュニケーションを追求できる
  3. 目標を持っている
  4. 話上手より聞き上手
  5. サボり上手

 

①メンタルが強い

 

営業職は主にメンタルにくる仕事が多いので、メンタルの強さは必須です!

会社の上司から詰められても、顧客からクレームをくらっても、ノルマが達成できなくても気にしすぎることなく気持ちを切り替えていける方は向いています。

 

嫌なことがあったときに落ち込んでいても売り上げは上がらないしノルマは変わらないんですよね。私にはできませんでしたが、気にしすぎない強いメンタルはあると最強です。
営業職O
営業職O

 

高度なコミュニケーションを追求できる

 

営業には営業のためのコミュニケーションの取り方があります。

 

ただ相手と仲良く良好な関係を築くだけではなく、購入に繋げるための話術であったりマインドセットの仕方というのがスキルとして存在します。

 

「コミュ力には自信あったのに上手くいかないなあ・・・」「自分のコミュ力が低すぎるんだ・・・」と決め付けず、営業スキルを探求していける人にとっては営業職は天職でしょう。

 

私も何百件と営業をしても1件も契約が取れなかったときに、営業スキルのセミナーに出たり本を読んだりして、自分にできていなかったことをたくさん知りました!それから、少しずつ営業件数は変わらないのに、契約数が伸びました!
営業職O
営業職O

 

③目標を持っている

 

みなさん目標ってありますか?

 

正直これは、営業職に限らずツラいことを乗り越えるために最も大切なことは目標に向かっているのかどうかということです。

 

みこみこ
みこみこ
いわゆるモチベーションというものですね!

 

つらいことを乗り越えた先に得るものがあるからこそ、人は頑張れます。何の意味もなく頑張ると心はすぐに折れてしまいます。

 

私はいつか自分の美容ショップを作りたいと思っています。そのために必要な知識や基本的なことが、営業活動を通してたくさん学べることを知っていたので辛いこ経験も全て将来の自分のため!と思って乗り越えられました。

研究職の同期は、海外で暮らすという夢を叶えるために目標の貯金額を決めていました。彼女も辛そうでしたが、決めた目標のために頑張っていました!

営業職O
営業職O

 

④話し上手より聞き上手

 

出典:https://next.rikunabi.com

 

営業マンといえば、営業トークがでないといけないイメージがありますよね。実は営業は自分の伝えたいことを発信する能力よりも「ヒアリング力」つまり、聞く力というのがとても大切なんです。

 

相手が興味がないことを、一生懸命話しても何も響かないんです。また商品一つの特徴に対してお客さんが得られるメリットは必ずしも1つではないです。

 

相手が何を望んでいるのかは、相手に話してもらわなければわからないことなので「聞く力」は非常に重要です。

 

私が営業活動の中で一番大切にしていたのが、美容サロンの設立のきっかけや思いなどを話してもらうにしていました。相手の求めていることがわかるようになるので、同じ商品でも切り口を変えて紹介するとすごく興味を持ってもらえてよかったです!
営業職O
営業職O

 

⑤サボり上手

 

営業職はサボり上手な人にとってもおすすめです。

 

なぜなら、営業職は外回りも多く社外で自由に時間が過ごせることもあるので、上手くやれば結構サボれます。あくまでも上手にです。

 

キツい仕事なので、全くサボらずにいつも100%でいると、身体的にも精神的にも壊れてしまいます。適度なサボりは必要です。

 

ただ、やり過ぎてバレて実質クビになっていた人も見たことがあるので要注意です。結果や数字がある程度あればバレにくいのである程度頑張って、ほどほどにサボってくださいね!
営業職O
営業職O

 

 

 

営業がどうしてもキツい時の対策

営業職でどうしてもキツくなってしまったときの対策をいくつかご紹介します!

 

  • 頑張らない
  • 理由がなくても有給を取る
  • プライベートを楽しむ
  • なぜ今ここで働いているのか考えてみる

 

頑張らない

 

キツくてどうしようもなくなった時の一番の解決法は、一度頑張るのをやめること。

 

適当にこなして適当に時間を過ごしていてもそれなりにお給料は入ってきます。それが会社員のメリットです。

 

会社員の営業マンだからこそのストレスもたくさんあるので、たまには楽してみましょう。

 

上司に何か言われても、「わかりました」と流してしまって大丈夫です。

 

みこみこ
みこみこ
自分の心と体より大切なものはありませんよね。

 

私も、実は本当にキツかった時に摂食障害になったことがあります。営業中のお昼休憩を長めにとったり好きなお店に多めに訪問したりしていました。
営業職O
営業職O

 

理由がなくても有給を取る

 

有給は理由がなくてもとって大丈夫です!

 

わざわざ「友人の結婚式が・・・」と嘘をついてとる必要も、理由を申告する義務も本当ならありません。

 

本当にキツくなって、休みたくなった時は思い切って有給をとりましょう。

 

周りの人が有給を使っていなくても遠慮するのではなく、「先駆者になってあげよう!」という気持ちで申請してみてください。

 

私は思い切って2〜3日有給をとったこともあります!そもそも有給を取るのに思い切らないといけないのが間違っていると思うので、有給は使えるだけ使ってやりましょう!
営業職O
営業職O

 

 

プライベートを人と楽しむ

 

仕事がキツい時はその分プライベートの時間を家でのんびり過ごしたくなるのですが、逆に騙されたと思ってプライベートの時間に予定を入れてしっかり楽しんでみてください。

 

どんなに疲れていても、人と過ごす時間はひとりでのんびり過ごすよりもかなりのリフレッシュになります。

 

体が疲れても心は元気にできますが、心が疲れていると身体をいくら休めても元気にしてあげられません。

 

私は週末には学生時代の友達や先輩、時には会社の同期とよく過ごしていました。週末誰とも会わないと、自分一人で仕事のことを引きずって考えてしまっていました。人と会うと、少なくとも自分の仕事のことを忘れられる時間が過ごせるので精神的に助けられました。
営業職O
営業職O

 

なぜ今ここで働いているのか考えてみる

 

そもそもどうしてこんな思いをして働いているのか、改めて考えて見ましょう。

 

ここまでキツい思いをしてまでしたいことなのか?どうしてこの業界・職種・会社を選んだんだのか?

 

考えてみて、目標を見つめ直すのも大切なことです。

 

 

業界で選んだなら、会社を変えてみてもいいです。

 

お金を稼げればいいだけなら、別の業界・業種に目を向けてみるのもいいです。

 

憧れて入った会社で、今もなお憧れていることがあるならばもう少し頑張ってみてもいいかもしれません。

 

 

私は、憧れて入った業界・業種でした。入社時に一人だけ憧れて入社を決めた先輩がいたのですが、その先輩も辞めてしまったので、業界は変えずにこの会社を辞めよう!と決めてから気持ちが楽になりました。
営業職O
営業職O

 

向いてないなら変えるor辞めてもいい

「営業職に向いていないかも・・・」「これ以上このキツさに耐えられない」「今すぐにでもこの会社は辞めたい」そんな方たちは思い切って、転職や独立をしてみてはどうでしょうか?

 

今すぐは無理だけど、いづれは独立して会社員を辞めたいという方には副業がおすすめです!

 

転職、独立、副業それぞれを比較してみました。

 

 

転職

 

転職は一番無難な選択でリスクも低く、難易度も比較的低いですが、初めての就職よりは自分がどんな職場に向いているのかわかっていますが、入ってからしかわからないこともあるので同じ壁に当たる可能性もあります。

 

みこみこ
みこみこ
実際転職を繰り返す人は何度も何度も転職を繰り返していることが多いです。運の悪さもありますが、そもそも会社員が向いていないなさそうな人が多いです。

 

独立

 

独立は正直失敗例も多いのでリスクも高く難易度も高いです。何回か失敗しても立ち直れる気持ちとお金の余裕があれば、会社員を続けて行くよりは夢はあるかもしれません。

 

みこみこ
みこみこ
5年後の企業生存率は半分以下ですので、厳しい世界ということがわかります。

 

出典:https://csnaka.com

 

副業

 

最近では副業を許可指している企業も多く、また、簡会社にバレずに副業をすることもできますのでリスクは低く始められます。

 

難易度は、副業と本業の二足のわらじになるので、決して簡単ではありません。

 

そんな多忙な中で成功することも決して簡単ではありませんが、やり方を間違えなければ不可能ではありません。

 

万が一なかなか結果が出なくても、本業での収入があるので生きていくこともできます。

 

みこみこ
みこみこ
大変ではありますが、低リスクで転職するよりは成功率も高いのでおすすめです。

 

サラリーマンのおすすめ副業は?プログラミングは稼げない!?ブログ最強説

 

まとめ

今回の記事の内容をまとめてみました。

 

ー営業にはいろんな種類や方法がある

  • BtoC営業
  • BtoB営業
  • ルート営業
  • 新規開拓営業
  • 飛込営業
  • 訪問営業
  • テレアポ営業
  • DM・メルマガ営業
  • セミナー営業
  • プレゼン営業

それぞれに特徴があって、キツいと感じるポイントも変わりますが、総じて難しい営業スキルが必要です。

 

ー営業職がキツい10の理由

  1. 残業が多い
  2. ノルマがキツい
  3. プレッシャーが大きい
  4. コミュ力が試される
  5. 会社と営業先との板挟みにあう
  6. 商品に自信がなくなる
  7. 努力≠結果ではない
  8. 接待がある
  9. 社内での肩身の狭さ
  10. 実質休みがない

精神的にも身体的にもキツいことが多いので、営業職がキツいと言われるのも納得でした。

 

ー営業力に向いている人の5つの特徴

  1. メンタルが強い
  2. 高度なコミュニケーションを追求できる
  3. 目標を持っている
  4. 話上手より聞き上手
  5. サボり上手

手に入れようと思って手に入れられる特徴ではないですが、営業職に限らず大切なマインドですね。

 

ー営業がどうしてもキツい時の対策

  • 頑張らない
  • プライベートを楽しむ
  • なぜ今ここで働いているのか考えてみる

体は資本です。無理をしないというのはとても大切ですね。

 

ー向いてないなら変えるor辞めてもいい

  • 転職
  • 独立
  • 副業

おすすめは副業ですが、自分にあった方法を選んでください!

 

 

いかがでしたか?

 

仕事に病んでしまって体を壊してしまう前に、ぜひ対策をしてあげましょう!

 

2022年ブログのオワコンなジャンルは?見極めて稼げるサイトを作ろう

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、元IT系サラリーマンの鬱病患者でした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

月100万以上稼ぐことに成功して

サラリーマン辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、大学院は中退

もちろん高校でも大学でも、ずっと下から10番以内の頭の出来でした。

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)