エックスサーバーの利用料金はいくら?使用するメリットについても紹介!

この記事の著者

名前:みこみこ 専門:トレンドブロガー&外注化プロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元システムエンジニア IT系会社員でした! 一緒に働いてた、高橋リーダーにパワハラされてたエンジニア時代に「なんで俺は毎日やりたくもないエンジニアをしているんだ」と思い、在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成!当時100万収益達成。(アドセンスのみで) 最高月収500万以上達成!(2022年8月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたくて、ラーメン二郎がきっと好きだと思う給料18万で頑張っているサラリーマンの方々に「ブログは自分で書いたらキツすぎっす」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化&トレンドブログ&SNS運用。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

みこみこってどんな人か見てみる!

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

どうも!みこみこです。

「エックスサーバーって利用料金はいくらするの?」

「っていうかサーバーって何?」

「エックスサーバーを選ぶメリットは?」

って思っている方!

ぜひ、この記事を読んで疑問を解消していってください。

 

今回は

  • サーバーとは何か
  • エックスサーバーの利用料金
  • エックスサーバーを選ぶメリット・デメリット

について紹介していこうと思います。

 

目次

そもそもサーバーって何?

サーバーは「提供する側」という意味を持ちます。

またIT用語としては、サーバー利用者の要求に応じて対応するデータを供給するシステムのことを、サーバーといいます。

 

イマイチ想像しにくい。。。
読者様
読者様
みこみこ
みこみこ
サーバーのことを知らない方からすると分かりづらいですよね。
実例を挙げてみます。

 

例えば、Amazonなどのネットショッピングを利用するときに、自分が検索したい商品を検索窓に打ち込むと対象商品が表示されます

あれは入力したキーワードに合った商品情報を、サーバーが提供しているため、条件に合った商品がヒットするのです。

それ以外にも、企業が管理する膨大なデータ活用するのにもサーバーは利用されていますし、SNS、Twitter、Instagramなどの大規模サービスでもサーバーは使われています。

 

このように、サーバーは様々なサービスに利用されており、利用者にデータを提供する役割を担っているシステムです。

 

そして、サーバーには主に4つの種類があります。

サーバーの種類
  • 共用サーバー
  • 専用サーバー
  • VPS(仮想サーバー)
  • クラウドサーバー

 

1つずつ解説していきます。

共用サーバー

共用サーバーはいわゆるレンタルサーバーのことです。

共用サーバーは1台のサーバーを複数利用者でシェアして使用しています。

 

みこみこ
みこみこ
今回の記事で取り上げている、エックスサーバーも共用サーバーになりますね。

共用サーバーのメリットとデメリットは以下です。

メリット
  • 大人数でシェアするので 各利用者の費用は抑えることができる
デメリット
  • サーバー障害などが発生した場合、多くの利用者に影響が出る
  • サーバーのカスタマイズなどが難しい

専用サーバー

専用サーバーは利用者が専用で利用できるサーバーのことです。

つまり、レンタルしたサーバー1台を自由に使うことができます。

 

みこみこ
みこみこ
専用サーバーは主に企業が使用します。社員情報や顧客情報などの管理に使用されていますね。

 

専用サーバーのメリットとデメリットは以下です。

メリット
  • 他の利用者の影響を受けない
  • OSやアプリケーションなど、自由にカスタマイズが可能
デメリット
  • 自由度が高い分、サーバーの運用・構築は自己責任となる

VPS(仮想サーバー)

VPS(仮想サーバー)は1台のサーバー上に構築された仮想サーバーを利用するものです。

1台のサーバー上にはいくつもの仮想サーバを作成することができるので、共用サーバーのように多人数で共有することができます。

しかも、仮想サーバーを各利用者へ割り振ることが可能です。

 

みこみこ
みこみこ
VPSの利用例は法人/個人によって非常に多岐に渡ります。

 

VPS(仮想サーバー)のメリットとデメリットは以下です。

メリット
  • 仮想サーバーを各利用者へ割り振ることが可能
  • OSやアプリケーションなど、自由にカスタマイズが可能
デメリット
  • 共有サーバーよりは割高
  • 仮想サーバーの管理・構築のための知識が必要

 

クラウドサーバー

クラウドサーバーは、インターネットなどのネットワーク上にあるクラウドに構築されたサーバーのことです。

 

みこみこ
みこみこ
クラウドサーバーで代表的なのはAmazonが運営しているAWSですね。

クラウドサーバーのメリットとデメリットは以下です。

メリット
  • カスタマイズ性が高く、メモリ、CPUなどを自由に設定・変更可能
  • 従量課金制を採用していることが多いため、利用した分しか費用が発生しない
デメリット
  • セキュリティ強度がコントロールしづらい。(クラウドサーバーを提供する側に依存してしまう)

 

サーバーの役割・用途って何?

サーバーの役割・用途は以下の5つです。

用途・役割
  • Webサーバー
  • メールサーバー
  • データベースサーバー
  • DNSサーバー
  • FTPサーバー

 

1つずつ解説していきます。

Webサーバー

WebサーバーはWebサイトや Web アプリケーションなどを運営するときに必要なサーバーです。

ネットの利用者からの要求に応じて、要求に沿ったデータを送り返す役割があります。

 

例えば、皆さんがWebサイトにアクセスすると、Web ページに画像や広告、文字などが表示されますよね。

画像や広告文字、サイトのデザインなどの要素は Web ページを表示する HTML や CSS に記述されていますが、表示されるためのデータを管理しているのがWebサーバーです。

 

みこみこ
みこみこ
逆に言うと、Web サーバーがないとブログや Web サイトは表示することができません。

メールサーバー

メールサーバーは名前の通り。メールの送受信を提供するサービスに活用されています。

メールサーバーは送信用サーバーと受信用サーバーに分かれて運用されています。

 

みこみこ
みこみこ
日頃何気なく、gmail などを利用していますが、内部ではサーバーが役立っているわけですね。

データベースサーバー

データベースサーバーは、略してデータベースと言われることもあります。

利用者の要求に応じてデータベース上のデータを送り返すためのサーバーです。

 

みこみこ
みこみこ
分かりやすい例で言うと、図書館の蔵書探しをする際にデータベースを検索して書籍を探すことができますよね。

DNSサーバー

DNS サーバーとは、「Domain Name System Server」略称でウェブサイトなどの利用者の要求に応じて、IP アドレスとドメインを結びつける役割があります。

 

みこみこ
みこみこ
IPアドレスとドメインの意味はざっくりと、以下のようなものです。
IPアドレス
  • Web上の住所のようなもの
ドメイン
  • IPアドレスに名前を付けて分かりやすくしたもの

 

Webサイトにアクセスするためには、特定サイトの Webサーバーを見つけ出し、IP アドレスとドメインを結びつける必要があります。

DNS サーバーは特定サイトのWebサーバーを見つけ出した上で、 IP アドレスとドメインを照合して Webサイトが閲覧できるようにする役割があるのです。

FTPサーバー

FTP サーバーとは、「File Transfer Protocol Server」略称で「ファイル転送プロトコル」とも言われます。

Webサイトのデータの更新や、上書きファイルのアップロードやダウンロードに必要です。

つまり、FTPはファイルの送受信をする際のルールのことです。

そして、FTP サーバーはそのルールを使用してファイルの送受信をしているわけですね。

 

みこみこ
みこみこ
例えば、Webサイトの公開時や更新時には作成したファイルデータをFTP サーバーに接続してアップロードすることで、私たちが閲覧できるようになるわけです。反対にWebサイトからダウンロードする時にもFTPサーバーは使われていますよ。

 

エックスサーバーの利用料金はいくら?プランごとの違いは?

エックスサーバーのプランごとに利用料金(月額)と機能を以下にまとめました。

プラン スタンダード プレミアム ビジネス
月額利用料金(税込) 初期費用 0円
3ヶ月 1320円 2640円 5280円
6ヶ月 1210円 2420円 4840円
12ヶ月 1100円 2200円 4400円
24ヶ月 1045円 2090円 4180円
36ヶ月 990円 1980円 3960円
vCPU/メモリ 128コア/1024GB 128コア/1024GB 128コア/1024GB
vCPU/メモリ リソース保証 6コア/8GB 8コア/12GB 10コア/16GB
独自ドメイン永久無料特典
無料お試し期間 10日間 10日間 10日間
ディスクスペース(NVMe SSD) 300GB 400GB 500GB
転送量課金 なし なし なし
転送量 無制限 無制限 無制限
SSL 無料独自SSL 無料 無料 無料
オプション独自SSL
データベース MySQL/MariaDB 無制限 無制限 無制限
SQLite
URLアドレス 独自ドメイン 独自ドメイン 独自ドメイン
マルチドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
メールアカウント 無制限 無制限 無制限
サブFTPアカウントの追加 無制限 無制限 無制限
nginx
RAID構成 RAID10 RAID10 RAID10
サポート メールサポート
電話サポート
設定代行サービス
無料設定代行 × × 3回/月
Web改ざん検知 × ×
管理者ユーザー設定 × ×
セコムセキュリティ診断

 

基本的には契約が長ければ長いほど、月額料金が安くなります。

ですので、長期運用を考えている場合は契約期間を長くして利用すれば費用を抑えることが可能です。

詳細は後に記載しますが、契約期間を12ヶ月以上にすることで、キャンペーン期間中であればキャッシュバックされるため、やはり契約期間を長めにしておいた方がお得です。

 

機能については色々記載されていますが、プランごとに大きく変わるわけではありません。

 

ふむふむ。
だけど、どのプランを選んだらいいのか分からない。。。
読者様
読者様
みこみこ
みこみこ
そうですよね。
ですので、次はどのプランがおススメなのかを紹介しますよ!

 

エックスサーバーの利用プランは何が違うの?どれを選べばいい?

エックスサーバーの利用プランは、結論から言えばスタンダードプランで問題ありません。

特に、初心者かつ、個人でブログなどを運用するだけならば尚更です。

 

上述した表にてプランごとによって変わる機能で、注目すべき点は

  • ディスクスペース(容量)
  • vCPU/メモリ リソース保証

です。

 

みこみこ
みこみこ
むしろ、上記2点以外はスタンダードプラン、プレミアムプラン、ビジネスプランもほとんど変わらないのですよね…

 

上記2点について、スタンダードプランで問題ない理由は以下の通りです。

ディスクスペース(容量)って?

ディスクスペース(容量)は簡単に言えば、我々が使っているスマホやPCのストレージと同じです。

 

そう考えると、300GBって大したことないんじゃ…
読者様
読者様
みこみこ
みこみこ
いえいえ!決してそんなことはありませんよ!

個人でサーバーを使用する場合、特にブログ運営をする場合、サーバーで容量を食うものの基本は画像となります。

画像はせいぜい400KB程度であるため、サーバーへ75万枚も保存することができます。

 

みこみこ
みこみこ
重たい画像はブログの表示スピードを遅くする要因にもなるので、そもそも避けた方がいいんですよね…

個人ブログにおいて、75万枚もの画像を使うことができれば相当な記事数を書くことが可能となるため、300GBの容量があれば十分と言えます。

vCPU/メモリ リソース保証って何?

vCPU/メモリ リソース保証は「1人で使用可能となるCPUとメモリ容量の保証値」です。

つまり、他の利用者でサイトへのアクセス数が非常に多い人がいたとしても、自身は6コア/8GB(スタンダードプランの場合)分のリソースは確保されているということです。

 

みこみこ
みこみこ
ちなみに、月間40万PVの方でもスタンダードプランで十分らしいので、よっぽどの方はスタンダードプランで問題ないでしょう。

 

エックスサーバーの利用料金は他サーバーと比較して高い?安い?

エックスサーバーと他サーバーの利用料金をまとめました。

以下の表を見て頂くと分かると思いますが、エックスサーバーは他のサーバーよりも利用料金が高めとなっています。

サーバー 1ヶ月あたりの支払い額
3ヶ月支払い 12ヶ月支払い 24ヶ月支払い 36ヶ月支払い
エックスサーバー 1320円 1100円 1045円 990円
wpXspeed 1320円
シン・レンタルサーバー 880円 825円 770円
ConoHa WING 941円 842円 687円
ロリポップ 1430円 990円 935円 550円
お名前.comサーバー 1430円 1070円 990円 891円
カラフルボックス 1452円 583円 539円 484円
mixhost 1980円 968円 968円

 

利用料金が少し高めのエックスサーバーですが、少しだけ利用料金を抑える方法があります。

 

エックスサーバーの利用料金を抑える方法はある?

ずばり、キャンペーン期間を狙いましょう。

エックスサーバーは不定期にキャッシュバックキャンペーンを開催しており、12ヶ月以上の契約で利用料金が実質半額になるのです。

以下がキャンペーン内容の詳細です。

プラン キャッシュバック額 月額料金
キャンペーン適用前 キャンペーン適用後
スタンダード 12ヶ月 6,600円 1,100円 550円
24ヶ月 12,540円 1,045円 522円
36ヶ月 17,820円 990円 495円
プレミアム 12ヶ月 13,200円 2,200円 1,100円
24ヶ月 25,080円 2,090円 1,045円
36ヶ月 35,640円 1,980円 990円
ビジネス 12ヶ月 26,400円 4,400円 2,200円
24ヶ月 50,160円 4,180円 2,090円
36ヶ月 71,280円 3,960円 1,980円

 

上記の表を見て頂ければ分かると思いますが、契約した期間の利用料金の半分がキャッシュバックされるため、実質半額で利用できます。

これはかなりお得なキャンペーンではないでしょうか。

 

みこみこ
みこみこ
せっかく利用し始めるなら、キャンペーン期間中が狙い時です!

 

エックスサーバーを使うメリットは?

エックスサーバーを使うメリットは以下、5つあります。

メリット
  • 国内シェアNo.1で、運営実績もバッチリ
  • サポート体制の充実
  • 自動バックアップ機能あり
  • サーバーの安定稼働と大量アクセスに強い
  • WordPressの導入が容易

 

1つずつ解説していきます。

国内シェアNo.1で、運営実績もバッチリ

エックスサーバーは2023年5月時点で、国内シェアNo.1となっています。

引用:hostadvice.com 

 

 

 

また、エックスサーバー自体2004年からサーバー運営しており、運営実績もバッチリあるため安心して使用することができます。

サポート体制の充実

エックスサーバーはサポート体制も充実しています。

具体的には、

  • 電話:平日10時~18時
  • メール:24時間、365日対応
  • チャット:平日10時~18時

 

 

サポート対応してくれる人はエックスサーバーの社員であるため、細かな質問までしっかりと対応してくれます。

自動バックアップ機能あり

エックスサーバーはサーバーデータを毎日自動でバックアップしてくれます。

バックアップする内容としては、Web・メール・MySQLデータで、過去14日分ものバックアップをしています。

 

 

エックスサーバーが突然何かしらのトラブルに巻き込まれても、安心して復旧することが可能です。

サーバーの安定稼働と大量アクセスに強い

エックスサーバーのサーバーはかなり安定稼働しており、速度もかなり早いです。

また、上述してあるように利用者ごとにリソースの保証値もあり、大量アクセスにもかなり強いです。

 

エックスサーバーは

  • AMD EPYC
  • NVMe SSD
  • KUSANAGI

 

といった、最新技術を用いて常に高速化を目指しています。

よって、サーバーの安定感とアクセス数への強さ、そして速さは抜群と言えるでしょう。

WordPressの導入が容易

エックスサーバーは「WordPress簡単インストール」サービスを展開しています。

かなり簡単にインストールできるようになっており、初心者の方でも約10分程でインストールが可能です。

 

みこみこ
みこみこ
ブログ初心者の方は、Wordpressをインストールするのでも一苦労なので、簡単に始められるのはありがたいですよね。

 

エックスサーバーを使うデメリットは?

エックスサーバーを使うデメリットは以下、3点です。

デメリット
  • 利用料金が高い
  • 最低利用期間3ヶ月
  • 他のユーザーからの影響を受ける可能性あり

 

1つずつ解説していきます。

利用料金が高い

エックスサーバーは他のサーバーよりも利用料金が高めです。

 

特に、長期契約においてエックスサーバーが990円であるのに対し、ロリポップは550円と約半値となっています。

ただし、エックスサーバーはサーバー強化やCPU、メモリ強化も行っているため、

みこみこ
みこみこ
ただ、エックスサーバーはサーバー強化やCPU、メモリ強化も行っているため、コスパとしては最高だと思ってます。

最低利用期間3ヶ月

エックスサーバーは契約の際に1ヶ月毎ではなく、最低でも3ヶ月利用しないといけない。

よって、1ヶ月でブログを辞めたくなり、エックスサーバーを解約しようとしても料金は返金されないため、注意が必要です。

 

みこみこ
みこみこ
もし、低コストかつ最低利用期間を1ヶ月などにしたいなら、他のサーバーを検討した方がよいでしょう。

他のユーザーからの影響を受ける可能性あり

エックスサーバーは共有サーバーであるため、他のユーザーからの影響を受ける可能性が十分にかります。

例えば、他のユーザーのサイトへのアクセスが急激に増えた場合、自分が運営しているサイトの表示が少し遅くなる可能背があります。

 

みこみこ
みこみこ
しかし、表示速度が遅くなったりする現象は今までみたことないので、大したデメリットではないかもしれませんね。

 

エックスサーバー利用者の声は?

ではエックスサーバーを利用している人の生の声を見てみましょう。

 

 

 

エックスサーバーがかなり人気で、評判がいいことがわかりますね。

 

超簡単!エックスサーバーでのブログの始め方

エックスサーバーには「WordPressクイックスタート」機能があります。

こちらの機能を使えば、初めてブログを始める方でもたった10分でWordpressでブログを始めることができます。

ただし注意事項があります。

注意

WordPressクイックスタート機能を使った場合、無料お試し期間は適用されません。

 

みこみこ
みこみこ
無料お試し期間は適用されませんが、本当に簡単に始められるので、クイックスタート機能はかなりオススメなんですよ!

 

クイックスタート機能の具体的な操作のSTEPは13個あります。

操作のSTEP
  1. エックスサーバーの申し込みフォームから新規申し込みをする
  2. WordPressクイックスタートの「利用する」にチェックを入れる
  3. 契約期間の設定
  4. ドメインを選ぶ
  5. WordPressの情報について入力する
  6. WordPressのテーマを選ぶ
  7. 登録者に関する情報を入力する
  8. 支払い方法を入力する
  9. 確認コードを入力する
  10. 登録者に関する情報を確認
  11. 認証コードを取得
  12. 認証コードを入力
  13. 申し込み完了!

 

みこみこ
みこみこ
多いと思われるかもしれませんが、1つ1つの操作は非常に簡単なので、あっという間に終わりますよ!

1つずつ解説していきます。

エックスサーバーの申し込みフォームから新規申し込みをする

まずはエックスサーバーの申し込みフォームから新規申し込みをしましょう。

左側の「10日間無料お試し 新規申し込み」を選択いただければOKです。

WordPressクイックスタートの「利用する」にチェックを入れる

次に申し込み内容に関するページが表示されます。

初心者の方はスタンダードプランで十分なため、スタンダードを選択してください。

そして、Wordpressクイックスタートの「利用する」にチェックを入れましょう。

 

「利用する」にチェックを入れると以下の画面が表示されますが、内容を確認し、確認しましたを選択してください。

契約期間の設定

次に契約期間を設定しましょう。

契約期間は3~36ヶ月まで設定できます。

上述したように、契約期間を長く設定すれば月当たりの利用料金が安くなるのでオススメです。

ドメインを選ぶ

次にドメインを選びましょう。

サーバー契約期間が12ヶ月以上自動更新設定を有効にすることで、独自ドメインが永久に無料で使えるのでオススメです。

WordPressの情報について入力する

次にWordpressに登録する情報について入力します。

みこみこ
みこみこ
ブログ名については後から変更できるので、決まってなければ仮でもOKです!

 

注意

ユーザー名とパスワードはWordpressへログインする際に必要となるため、忘れないようにしましょう。

WordPressのテーマを選ぶ

WordPressのテーマを選びましょう。

初心者の方は無料テーマで十分です。

無料テーマはCocoonとLightningが選べますが、ブログを始めるならCocoonを選んでおけば間違いありません。

みこみこ
みこみこ
Lightningはビジネスサイト向けなので、ブログをやるには少し扱いづらいのですよ・・・

登録者に関する情報を入力する

登録者(あなた)に関する情報を入力しましょう。

支払い方法を入力する

支払い方法について入力しましょう。

注意

クイックスタート機能を利用する場合はクレジットカードでの支払いとなります。

 

引用:初心者のためのブログ始め方講座

確認コードを入力する

登録者に関する情報で入力したメールアドレス宛6桁の確認コードが送られてきますので、確認コード欄に入力しましょう。

引用:WordPress

登録者に関する情報を確認

次にSTEP7「登録者に関する情報を入力する」で入力した情報の確認画面が表示されます。

入力内容に問題なければ、「SMS・電話認証へ進む」を選択しましょう。

引用:初心者のためのブログ始め方講座

認証コードを取得

電話番号を入力し、認証コードを取得する方法について選択してください。

引用:WordPress

認証コードを入力

指定した電話番号へ認証コードが届くため、認証コードを入力しましょう。

引用:WordPress

申し込み完了!

以下の画面が出れば申し込み完了です。

引用:初心者のためのブログ始め方講座

 

後ほど、「【xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」という件名でメールが届きます。

このメールを受信後、1時間ほどでWordpressへアクセスできるようになるため、少し待ちましょう。

以上でクイックスタート機能の操作は完了です!

 

みこみこ
みこみこ
お疲れ様でした!!!

 

他にもオススメなサーバーはwpXspeed

エックスサーバー以外にもオススメのサーバーがあります。

以下の記事にまとめてありますので、お時間があればご覧ください。

wpXspeedは実際どう?評判や料金は?メリットと移行方法も詳しく解説!

 

まとめ

いかがでしょうか。

  • サーバーの概要
  • エックスサーバーはコスパの良いサーバー
  • ただし、料金は少し高め

以上について分かったのではないでしょうか。

 

エックスサーバーは初心者でも始めやすい共用サーバーです。

ブログを始めたいと思っている方は、エックスサーバーも選択肢の1つにしてみてください。

また、私がブログによって稼いだ実体験についてもブログにまとめていますので、お時間があればご覧ください。

【実体験】トレンドアフィリエイトは3か月で月100万稼げるの?【2023年】

—————————————————————————————————————————

「ラーメン二郎」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
超ちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、システムエンジニアでした。いわゆるプログラマーみたいな仕事でした
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

ブログで月100万以上稼ぐことに成功して

SE辞めました。

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、就職は東証1部企業だったものの

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

トレンドブログで会社辞めた方法教えます。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。
「月100万稼ぐまでの物語」はこちら
—————————————————————————————————————————

メルマガもやっております。ポケットモンスターでいうなら、ブログ博士並みに、ブログの話しまくっていますw

月18万円の人生から脱出したい人はこちら!

—————————————————————————————————————————

↓トレンドブログで稼げた話まとめました↓

トレンドブログで稼いだストーリー知りたいって??ここ押してもらえばわかりまっせ☺
—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA