IT企業の初任給は安いの?元IT企業社員が経験談を赤裸々に語る!

IT業界 初任給 安い
この記事の著者

名前:みこみこ 専門:外注化ブロガー&コンサル、外注化のプロ(今まで500人以上一人で雇った経験あり) 肩書き:元IT系サラリーマン 社畜の中の社畜! 上司に気に入られずパワハラされてた社畜時代に「くっそこいつら絶対見返してやる!ブログかくぞおお稼ぐぞおおお」精神で在職中にブログで収益化。 平日の隙間時間をフルコミットして、外注化をして最高1日100記事作成を可能とした。 そしてわずか半年で300万PV達成! 最高月収350万達成!(2021年5月達成) 現在は、社畜で忙しい方々に、ブログを書いてもらう方法を伝授している! 会社辞めたい手取給料18万で頑張っているサラリーマンに「ブログは自分で書いたらオワコン」とお話しさせていただいています。得意分野は外注化。1人で常時100人程雇い、最低でも1ヶ月100記事以上を自分の時間を使わずに記事追加しており、時間のない社畜に外注化を薦めている。

最近知った耳で聞ける読書アプリ。780円聴き放題。これは革命。自転車や電車やどこでも聞ける。これで1日1冊、年間100冊の本のハードル下がった。読書が本なしで楽しめる!荷物にならへんし、いいですよ! - audiobook.jp 無料期間あるので是非お試しを。世界変わります^^。

---------------------------------------

 

皆さんこんにちは

今日は

  • IT企業の初任給が低い?
  • 平均よりも高い!?
  • 実際にIT企業に勤めていた体験談
  • 資格取得について
  • 稼ぎたいならおススメの職種は?
  • IT企業に勤めたい場合はどこがオススメ?
  • 今のうちに身につけておくべきこと

 

 

などについてお話していきたいと思います

 

あくまで経験談をもとに主観的に話しております!

 

なのでそんなデータはあるのか?って言われたら困ってしまうのですが、一つの経験談として聞いていただいて参考にしていただけたらと思います。

 

必ず皆さんの役に立つかと思いますのでぜひ最後まで読んでいってくださいね。

 

初任給と新卒の平均年収を知ろう

まずは新卒の初任給を知っていきましょう。

 

月収平均は大卒だと約20万円です。

 

さらに詳しく大卒の初任給を詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでください。

大卒の初任給平均手取りは?地域や職種別にランキング形式で紹介!中卒の経験談も!

 

では続いてIT企業の初任給を知っていきましょう!

 

IT業界(情報通信業)の平均初任給は、データをもとにみると以下のとおりでした。

 

大学院卒                 235.3千円

大学卒    215.8千円

高専・短大卒        188.7千円

高校卒    164.6千円

引用:平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

 

大卒の平均初任給よりは、少し高くなっていますね。

 

続いて、こちらがIT業界で初任給の高い企業ランキングです。

 

順位        企業名    初任給

1位         KLab       32.0万円

2位         ユナイテッド        30.0万円

2位         楽天        30.0万円

2位         サイボウズ             30.0万円

5位         オールアバウト    29.1万円

6位         ソースネクスト    28.5万円

7位         ラック    28.3万円

8位         ミクシィ                 28.0万円

8位         コロプラ                 28.0万円

10位       フィックスターズ                 27.5万円

10位       デジタルガレージ                 27.5万円

10位       トレンダーズ        27.5万円

引用:衝撃!これが「初任給が高い」トップ500社だ

 

これを見るとIT企業すごく初任給高めでよくない? って思うかと思いますが、

 

これはあくまでIT業界の初任給が高いところをピックアップしましたので、

 

実際はIT業界にいる人全員が初任給が高いわけではなく、会社や自分が担う部署によって変わるようですね。

 

では実際にIT企業に勤めていた素直な経験談を、話していこうかなと思います!

 

経験談

 

 

ユーチューブでも、この経験談を話しています。

 

 

僕は、東証一部上場企業の結構有名なIT企業にいました。

 

大学卒で新卒として入って初任給は22万円。手取りでいうと18万円でした。

 

この18万円という金額は、平均から見たら若干高く感じるかもしれないのですが、

 

経験を合わせて考えると正直、かなり安いかなと思います。

 

経験談~生活費

 

一人暮らし

家賃⇒6万円

食費⇒大体月々3万円。30日で割ると1日1000円くらいの計算。

光熱費⇒大体合計で2万円

交際費⇒月4回飲みに行く、4回合わせて、大体2万円。

これに加えて、さらに雑費として、

携帯代をはじめ、仕事に必要なペンとかメモ帳とか本とか購入して、これらも大体2万円。

これらすべてを足すと、家賃6万+食費3万+光熱費2万+交際費2万+雑費2万

大体毎月出ていく額として15万でした

 

 

手取りが18万円だったので15万円ひくと、残りが3万円しか残んないわけですよ。

 

月々3万円は現実的に考えて、友人の結婚式などの急な出費があればその瞬間になくなりますし、誰かを養ったりだとか、ちょっと高いアパートに住むだとか、裕福な暮らしをできるような金額ではないんですね

 

頑張ってためたとしても、かなりの時間を有することになります。

 

初任給をもらってみて初めて思いました。

 

また友人とかも見ていて、結構キツキツで敷き詰めて生活しているのが普通だったので、やっぱり新入社員っていうのはそういうものなのかという印象を持っていましたね。

 

そもそも高いとか言われがちなIT企業ですけど、新人のIT会社員を経験した感想でいうとね、給料は、安いです。

 

これは確実な統計データがあるわけではありませんが、高卒からだと18万円で、最高の大学院卒までだったら24万から場合によっては30万円ぐらいになっているのかなという感じです。

 

これで控除により(簡単に言うと税金とか社会保険料)などが、いろいろ引かれるので、手取りにすると、15万円から27万円がくらいが多いかなといったところです。

 

30万円というクラスの、初任給もらえる会社は、ほとんどありませんでした。

 

まあやはり基本的には18万とか22万とか25万とか、その辺くらいかなと思っていてもらえればと思います。

 

IT系の資格について

先ほども言ったように、実際、一人暮らしをしたら、きついのはきつかったですが、

 

ただ、なんとか生活はできる範囲ではありました。

 

車とか持ってたらもう少し交際費を削る等しないといけなかったかもしれませんが。

 

ただ問題は、IT企業の新卒は、資格をとれといわれて、そこでお金が飛ぶんですよね。

 

IT系の資格

 

IT系の資格、いろいろあるのでいくつか紹介します。

 

そんなに高くないところで言えば、

 

まず、1番有名な情報処理技術者試験

で少しマニアックなところだと、プロジェクトマネージャー試験

あとは最近身近なスキルだと。ITパスポート

 

これらはですね、もし会社に「取得して」といわれた場合でも、ITパスポートとか情報処理とかプロジェクトマネージャーなどは、確か1回当たり1万円もかからないんですよ。

 

ならギリギリ3万円余ってるとこから出すことはできますよね。

 

ただ問題なのは、ITの資格の中でも、インフラ系の資格でして、これはめちゃくちゃ高いです。

 

そもそもインフラ系の資格ってどういうのがあるの?

 

例を出すなら、シスコシステムズと言われる、ネットワークのスペシャリストが集まっている会社があります。

 

このシスコシステムズさんが出しているシスコネットワークという資格があります。

 

これを取得するのに、まあ42,000円とかこのぐらい取られるわけですよ…!!

 

高いんですよね。すでにめちゃくちゃ高いんですよ!予算で見ると全然足りてませんから。

 

さらに高いやつだと6万円するものもあります。

 

しかもそれを僕の場合は、「実費で払え」みたいなことを言われたので、

 

その時は初任給の残りも少ないわけですし、さすがに本気でマジかよ!しんどいと思いましたね。

 

ただITは技術職なので、技術力を身につけなければいけないんですよ。

 

避けては通れない壁だったわけです。

 

だから上司とか周りは、すごい「資格を取れ!でも実費だ!頑張れ!」ということを言ってきていたわけで、でも、もうあほらしいなと本気で思っちゃったんですよね。

 

だって社会人になって、そんなことしてたら最初の方はぜんぜん生活できないんじゃないかって不安にもなりますし、

 

もしくは勉強尽くめで土日がつぶれちゃうんじゃないかというような不安もありました。

 

このまま一生このIT技術者といったサラリーマンから抜け出せないんじゃないかと本気で思ったこともあります。

 

まあ、若いうちは投資をする時間っていう風に考えれば、いいのかもしれませんけど。

 

社会人になってすぐお金関係で頭を悩ませることになるのもね。って感じです。

 

ただ、IT技術者としていくのであれば、資格の取得は絶対なのかなっていう感じです。

 

新卒に何ができる?

ここまで体験談を書いてきましたが、前提として、

 

初任給はもらえているだけでもかなりありがたい話なんですよね。

 

生活する中では初任給安いなって感じると思いますが、企業側からしたら給料18万ってなんなら高すぎるぐらいなんですよ。

 

だって会社の中で、新卒の人達が何ができるか?って言ったら、何もできない人が多いんですから、会社側からしたら新人の僕たちに払う金額なんて正直ないわけです。

 

例えば、プロジェクトのチームの管理もできませんし、先輩に教えてもらってばっかでお荷物なわけですよ。

 

何も会社に利益をもたらして無いわけですから。

 

なので基本的にそれは頭に入れておきましょう。

 

そしてだからこそ、結果を残すような人材になりましょう。

 

結果出せる人は稼ぐことは可能だとおもいますよ。

 

例えば、今この記事を見ている方が、

 

プログラミングがすごいできる方で、

 

プログラミングでコンテスト取ったことがあるよとか、

 

プログラミングで法人に採用されるくらい能力があるってことを

 

認めていただいた人であれば、全然大丈夫だと思います。

 

何なら勤めるだけでなくても、フリーランスという形で自分で会社に売り込みをしていってお金を稼ぐことだってできます。

 

ただ実際僕自身がですね、プログラミング大学院まで6年間やっていたんです。

 

ですが、たった会社の3ヶ月の研修によって、僕が積み重ねてきた6年間を上回られました。

 

その研修期間の3ヶ月がですよ?

 

6年間よりもはるかにプログラミングスキルが濃かったんですよ。

 

さすがにその時は、「今までの6年間ってなんだったんだろう?」って思いました。

 

だから自分が思うよりも大学生のときのプログラミングと社会人のプログラミングは乖離があります。

 

先ほどお伝えしたように、

 

コンテストで賞を取ってるだとか。その法人がもう導入しているサービスを作ってしまったとかいうレベルの人だったらいいと思いますけども、

 

それ以外の方は、僕が6年間やってきたレベルより、3ヶ月の濃度が高かったので通用するかは謎なところではあります。

 

なので、学生の時やっているから大丈夫だろう!と、タカくくっているとレベルが全然違って痛い目にあう可能性もありますので、プログラミングをやっていたといえど油断はしない方がいいと思いますね。

 

稼ぎたいなら以下の職業がオススメ

それでもIT系を目指す人だったらIT技術者としていくのではなくて、ITコンサルや、IT経営者、(営業職)という方がいいかなと思います。

 

基本的にIT技術者は年収が低いんですよ。

 

なぜかというと、ITだけだと金額が結構安いんですよ。

 

1個1個のお客様からの案件だったりとかそもそも、ITに関する案件が安いからですね。

 

しかし、これに付加価値として、いわゆるソリューション(解決方法)の提案して、

 

お客様の問題点をITを用いて解決するといった概念のITコンサルなどであれば、

 

基本的に、初任給は高い傾向があるんですね。

 

もともとコンサル自体も収入が高い傾向がありますので、IT×コンサルという感じですね。

 

これだと例えば有名な会社だと初任給37万円という会社もありましたし、普通に40万円なとことかもあります。

 

初任給でこれですからね!

 

もちろん前提として高い能力やレベルも求められます。

 

 

またコンサルという形なので、ちょっとIT技術者よりかは、頭の回転の良し悪しが求められたりとか、そもそも採用の段階でポテンシャル採用といってテストが高い人しかとらない、高卒ではだめといったこともありますけども、

 

今はもう学歴云々の時代じゃなくなってきてるので、自分のスキルが高ければとってもらえる可能性も十分にありますね。

 

大卒で初任給37万円もらえるわけですからね。ITコンサルを検討するのありなんではないかと思います。

 

 

ITコンサルって何するの?とピンとこない方もいるかなと思いますので、一つ紹介します。

 

ファストパスって皆さんご存知ですか?ファストパス作った会社って実はITコンサルの会社だったんですよ。

 

I Tコンサルの人も携わっている会社だったので、ITといったインフォメーションテクノロジーで、お客様のソリューション(解決方法)を提案したということが、今回、ファストパスの誕生のそのきっかけに繋がったのかなと思っています。

 

なのでITコンサルという概念がなかったら、たぶんファストパスは生まれなかったと思いますので、非常に付加価値の高いサービス提案をしているし。できる人が初任給が高いのも当然かなと思います。

 

もう一つはやはりIT経営者ですね。

 

中小でもいいですが、例えばベンチャー企業の社長だと年収の平均で4000万円です。

 

会社員の方は初任給でいうと18万円くらいで平均年収は300万円ですからね。

 

IT会社の社長になれば、4000万円もらえると考えたら、初年度の年収の平均で、もう10倍になりますね。

 

ただ、やはりそんなに簡単になれるわけではないですし、難しい道のりではありますので、自分のスキルに合わせて考えていただければいいのかなと思います。

 

例えば新しいアイデアがあるとか作った商品をうれるスキルも併せ持つとか、もしくはスキルを習得しようとしている方は、経営者として進むことも視野にいれるといいかもしれませんね。

 

 

そして最後に営業職です。

 

ぶっちゃけお金を稼ぐのであれば一番お勧めかなと思います。

 

営業職はどんな業種でも基本的にありますよね。

 

例えばマンションの営業。1年目で年収1200万の友人がいました!

 

なのでしっかり契約を取ることができれば、営業でも大きく稼ぐことが可能になるわけです。

 

2つ目はITの営業ですね。

 

IT系に進みたいって思ってる方に特にオススメなんですが、IT系の企業って幹部職とか経営者、そしてITベンチャーの社長さんっていうのも、だいたい営業経験者が多いです。

 

やはり営業でスキルを身につけながら人脈を得て、そこから仕事につながっていき、最終的に社長になっていくって進路がおおいので、役職持ちの人は営業経験者の人が多いです。

 

上に立つ人で、もともと技術者な人は、あんまりいないです。やはり、営業職はいろいろな視点で見てもおすすめかなと思いますね。

 

 

医薬品系の営業。これもかなりおススメです。

というのも、これは純粋に医療系っていうのは1つ1つの金額が高いんですよ。

薬とかも高いじゃないですか。

それと同時に、医薬という概念は絶対になくなりませんよね。

例えば医薬品とかもそうで、絶対必要なのでなくならないんですよ医

なので早いうちから医薬品系の営業でトップを目指して頑張るのもありなんじゃないかなと思います。

 

 

あともう一つありますが、

 

ヘルスケア事業ですかね。

いろいろなものが必要な業界なので医薬品系や介護とかも広がっていきますし。

今後もなくなるどころかシェアが増えていく業種なんじゃないかなと思いました!

 

まあぜひ、医薬品系やヘルスケアも、気になったら調べてみてはいかがでしょうか?

 

ということで、IT系企業について自分の体験をもとにかなり赤裸々に話してきました。

 

あくまで私の体験談なので私が感じたことになります。

 

なのでそれでもIT系がいい!自分でこのIT系の資格を取って頑張るって方は、ぜひ頑張ってみるべきだと思います。

 

実際にIT系でも、初任給が高い企業や成果報酬型の企業もありますし、

 

今後伸びていくのではないかともいわれてもいますので、見ていきましょう!

 

IT系の初任給の高い企業は?

初任給が高かったり、オススメといわれている企業がいくつかありますので紹介します!

 

DeNA

 

事業内容

  • AI関連事業/研究開発
  • ゲーム事業
  • オートモーティブ事業
  • ヘルスケア事業
  • ライブストリーミング事業
  • エンターテインメント事業
  • Eコマース事業
  • スポーツ事業
  • 新領域・その他

 

こんなに事業を手掛けている会社ですから、当然かなり優秀な人材を求めているんですね。

 

しっかり優秀な人材が集まってくるように高い年収が設定されているようです。

 

サイバーエージェント

 

有名なものでいうと、AbemaTVや、ブログサイトのアメーバブログを手掛けている会社です。

事業内容

  • メディア事業
  • インターネット広告事業
  • ゲーム事業
  • 投資育成事業

 

 

こちらもサービス自体が有名になっていますので、きっとIT系でやりがいがある会社ではないかなと思います。

 

野村総合研究所

 

給料が非常に高いことで有名であるし、さらに「東大生1800人が選ぶ、就職注目企業ランキング」では、2018年と2020年に1位に選ばれたこともある企業です。

 

事業内容

  • コンサルティング
  • 金融ITソリューション
  • 産業ITソリューション
  • IT基盤サービス

 

幅広い分野の研究を行っている、これからを担う会社ですので、受かるとかなりの刺激があること間違いなしです!

 

シグマクシス

ITに関する戦略の立案、開発、システム導入支援などを行っている会社です。

 

事業内容

  • 企業のデジタル・トランスフォーメーションを支援するコンサルティングサービスの提供
  • 新規事業開発、事業投資

 

 

この会社は、成果報酬型でもあるので、自分の頑張りに応じて自分の収入が変化できるので、おススメです。

 

ジャストシステム

 

事業内容

  • ソフトウェアおよび関連サービスの企画と開発、提供
  • 教育関係

 

 

教育関係につきたい方には、かなりおススメの会社といえます。

 

ヤフー

 

皆さんご存じ、ヤフーです!

 

事業内容

  • インターネットの検索窓口
  • ニュースサイト、
  • ECサイトやキャッシュレス決済の「PayPay」

 

などなど、皆さんが知っているほど、幅広いITサービスを展開している企業です。

 

 

楽天

 

事業内容

  • ECサイト
  • 銀行
  • 楽天Pay

 

 

など、こちらもたくさんの事業を展開している企業です。

幅広いサービスを提供していることから、楽天だけで全サービスがすみそうですね。

 

 

 LINE

これは一番説明いらないですかね。(笑)

 

皆さんおなじみラインですが、こちらも投資関係などにも進出してきていて、かなりおススメの企業ですよ。

 

IT企業の市場はこれからどうなる?

結果的にいうと、伸びるIT企業は、これからさらに、初任給が増えていくと考えられています。

 

大きな理由としてはこの3つとなります。

 

市場規模が拡大し続けている

 

スマホの普及や、ITの発展により、IT業界自体はどんどん市場が成長しています。

 

IT業界の2020年版(2019-20年)の業界レポート。

 

業界規模16.4兆円

成長率+5.0%

利益率+3.7%

平均年収616万円

https://gyokai-search.com/3-jyoho.htm より引用

 

この表からもわかるように、IT業界は右肩上がりに増加傾向にあります。

 

近年ではDX(デジタルトランスフォーメーション)の動きが活発していることで、マイナンバーの導入や、ITを用いた企業のマーケティングの中で、商品開発や、新規事業の開拓にも活用されたことにより、さらに私たちの生活は豊かになっています。

 

私たちの生活をこれからも、豊かにし続けてくれる限り、需要は今後もさらに増えていくと予想されます。

 

またIT業界は、変化のスピードがありえないほど速いですので、一つの流行りが終わってもまた新たな技術が登場して、私たちの生活を豊かにしてくれるものであれば、ニーズはすぐに爆発的に増えていきます。

 

スマホや、自動運転などでもわかるように、ITには世界を大きく変えるほどの強い力があります。

 

また、AIも機能を始めれば、さらに大きくなることが期待されるというデータもあります。

 

ITを軸として、これからも全産業を巻き込んだ大きな変革が起きる可能性も秘めている業界です。

 

労働人口の減少により人手が不足している

 

先ほど紹介したように現代で必要不可欠なIT業界。

 

ですが、業界の急成長に対して、IT人材の数が圧倒的に不足しています。

 

需要に対して供給が追い付いておらず、人材がとにかく必要ですので、収入が高く設定されているといわれています。

 

高度な専門性を必要とする

 

スマホやAIが発展した現代では、あらゆる業種においてITが必要不可欠です。

 

ITの専門知識(プログラミングなどの言語理解)はもちろんですが、それを導入する先の企業のことも知らないといけませんし、納期などもありますので、想像以上に高度な専門性が求められる職種です。

 

専門的な知識は基本的に評価されますので、高い年収が期待できます。

 

需要だけは増え続けているので、かなり忙しいことも予測されますが、しっかり勉強して対応できるようにしておけば、かなり優位になれます。

 

補足ですがIT企業なら女性でも安定した給料が狙えるようです

 

女性は初任給以降の給料の伸びがかなりよくありません。

 

ですがIT業界は最も伸びがよく、さらに人手不足なことから産休を抜けても専門職なため復帰が可能です。

 

順位        業界        平均年収

第1位    IT/通信                383万円

第2位    総合商社                 372万円

第3位    メーカー                 366万円

第4位    金融        364万円

第5位    インターネット/広告/メディア    361万円

引用:doda

 

男性にも負けないくらいの給料がもらえるのはかなりの利点といえますね。

 

 

企業の期待もかかっている

今のように会社によって差はあるといえど、実際伸びてきている業界であることから、初任給が高い会社はあります。

 

ですが、求められる技術が高いのも事実でして。

 

例えばゲーム業界だと、1つでもゲームが大ヒットすれば大きく業績が伸びるますが、次々新しいものが登場する今の世の中では新しいものに目移りして、すぐに飽きられやすいという側面もあります。

 

そうならないためにも常に次々ヒットゲームを作りだせるような新たな発想力がある若者。

 

そしてそれを実現できるような高い技術力をもつ若者を集めるため、

 

来てもらうため初任給が高く設定されているという背景もあるようです。

 

年収高いIT企業で働けるために必要なスキル

 

基本的な知識としてプログラミングが使える等の高いIT技術は前提です。

 

ですが、オススメの業種でも書いたように、ITコンサルや、IT経営者を目指すためにも、発想力やITにとどまらない知識は確実に必要です。

 

最近では、他業種でも、ITを導入する企業は増えていますので、自分が勤めている会社でもIT部分を担えるように、今のうちから勉強しておくのもいいかもしれませんね。

 

またそれに伴い世の中は、さらにグローバル化にもなってきていることから、外資系での能力を身につけることもおススメです。

 

外資系能力があれば、ITとしても先を進んでいる海外企業とも渡り合えますからね。

 

高い技術+アイデア+英語 このどれかを身につけておけば、初任給が高い企業に就職できる可能性が格段に上がります。

 

必要なスキル

前提としてプログラミング言語を知っている人

プロジェクトをまとめる力がある人

アイデアを出せる力

だれにも負けないほどの高い技術力

英語などの海外言語能力

 

 

になりますね。

 

経験談でお話した通り、ITといえど初任給が高い企業と低い企業があります。

 

僕の経験談も参考にしてもらいつつ、自分が本当にどんな企業に勤めたいのか、そのために必要なスキルは一体何なのか?を見極めて、早いうちから勉強をしておきましょう。

 

まとめ

ということでこの記事では

 

  • IT企業の初任給が低い?
  • 平均よりも高い!?
  • 実際にIT企業に勤めていた体験談
  • 資格取得について
  • 稼ぎたいならおススメの職種は?
  • IT企業に勤めたい場合はどこがオススメ?
  • 今のうちに身につけておくべきこと

 

 

についてまとめました。

 

経験談としてはIT企業は収入が安いなと感じていましたが、実際、IT企業はこれからまだまだ伸びていく業界でもあります。

 

自分の進路を明確にして早いうちにスキルを身につけておくと初任給が高い企業を自分で選んで進んでいくことができますので是非参考にしてみてくださいね。

 

 

—————————————————————————————————————————

「いつまでブログ書いてるの?」でおなじみのみこみこです!

つーか君は誰なん?みこみこってなんや!
ちょっとだけちょっとだけ自己紹介いたします。

僕は、元IT系サラリーマンの鬱病患者でした。
ブログで300万PV達成&最高月収350万した過去があります

月100万以上稼ぐことに成功して

サラリーマン辞めました

資格は運転免許しかない

高校受験も大学受験も失敗しつづけ、大学院は中退

もちろん高校でも大学でも、ずっと下から10番以内の頭の出来でした。

なんとかIT企業に就職するも、鬱病で退職。

仕事もできない、鬱病になるような人でした。

面倒臭がりのダメダメ人間ですが、
なんとか仕事辞められるくらいの
収入は手に入れました。

正直、やったら誰でもできると思います。

僕がどうやって仕事を辞めて月収100万
稼げるようになったか、下記の記事で公開しています。

—————————————————————————————————————————

—————————————————————————————————————————

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)